DSC_0208
DSC_0208

 

世界一の大国、アメリカを平気で愚弄する比大統領、ドゥテルテ。
米大統領を「サノバビッチ」(Son of a bitch)呼ばわり。
実際、それに近い出自なのだが。
米国の権威が著しく劣化している証左であると思います。
米国は世界の尊敬を受けていない。
一時は、植民地だったフィリッピンの大統領にここまで言われるとは。

とくお

この発言にアメリカ国民が怒らないという事はオバマを大統領として認めていないという事と同じである(笑)

フィリピン大統領 オバマ大統領に「売春婦の息子め」「呪ってやる」

http://jp.sputniknews.com/entertainment/20160906/2733592.html

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領がオバマ大統領を「サノバビッチ(売春婦の息子)」と呼び、人権尊重というお説教をもって首を突っ込まないようにアドバイスした。ドゥテルテ大統領がこのような声明をしたのは5日、ラオスで開催する東アジアサミット前日のプレスカンファレンスだ。英テレグラフ紙が報じた。
ドゥテルテ大統領は次のように述べた。

「お前は敬意を示さなければならない。質問と声明を投げ込む必要はない。売春婦の息子め。サミットで呪ってやる」

8月30日CNNは、フォーラムの場でオバマ大統領とドゥテルテ大統領は会談を行い、会談では米国はフィリピンでの人権尊重問題を持ち上げる意向だと報じた。両者の会談は、ドゥテルテ大統領が大統領の座に就いて以来初となる。

なお先に伝えられたところによると、フィリピンのドゥテルテ大統領がフィリップ・ゴールドバーグ駐フィリピン米大使を侮辱した。 

(注) 写真は、支笏湖です。