richardkoshimizu official website

リチャード・コシミズ独立党

未分類

錦織、マリー撃破で2年ぶり4強/全米OP詳細

vvv

速報です。

錦織君、伸び盛りですね。

過去1勝7敗で、リオ五輪金メダリストのマレーにフルセットで勝利。

私RKは、日本におけるテニスの長い長い歴史に興味があります。

積み重ねがあるから、日本選手が活躍する。

「文化」ですね。

錦織、マリー撃破で2年ぶり4強/全米OP詳細

[2016年9月8日7時10分]

<テニス:全米オープン>◇7日◇ニューヨーク◇男子シングルス準々決勝

世界7位の錦織圭(26=日清食品)が、同2位のマリー(英国)を1-6、6-4、4-6、6-1、7-5のフルセットで下し、準優勝した14年以来、2年ぶりの4強入りを決めた。

リオ五輪準決勝で敗れるなど、これまで1勝7敗と苦手にしていた強者マリーを14年のATPツアー・ファイナル以来、2年ぶりに破った。

錦織、マリー撃破で2年ぶり4強/全米OP詳細” への9件のフィードバック

  1. テニスのグランドスラム4大大会、全豪、仏ローランギャロス、英ウィンブルドン、そして全米。それぞれ100年以上の歴史がありますが、二度の世界大戦期には中止を余儀なくされました。ただ、現在開催中の全米だけは例外で、アマチュアの全米選手権として1881年に始まって以来、136年に渡って続いています。そりゃそうだ、なんたって2001年の9月11日が、建国以来初めての米国本土攻撃だったんですから!w その年の大会も、テロスケジュールに合わせたかのような二日前の9月9日、ヒューイットの初優勝で幕を閉じています。

    日本の戦前思想を彷彿とさせる一年前の記事を一本。

    ◆戦前ウィンブルドン4強の佐藤次郎の遺書発見(日刊スポーツ)

     戦前、テニスのウィンブルドン選手権で4強となるなど国際的に活躍しながら、1934年4月、欧州への遠征途上のマラッカ海峡で船から投身自殺した佐藤次郎選手の遺書が、このほど日本テニス協会で見つかった。

     佐藤選手は当時26歳。心身の不調を訴えながら、戦争へ向かう時代、国の名誉がかかるデビスカップ(デ杯)への欠場は許されず、期待に応える成績が挙げられないことを、死をもって国へ謝罪するとした悲痛な内容。

     同協会が古い資料を電子化する過程で数年前に見つけたが、一部関係者にしか知られていなかった。原本は、日本テニス協会の前身である日本庭球協会(当時)の事務局長、久保圭之助氏が作成したとみられる資料の中にとじ込まれていた。

     遺書は当時の堀田正恒会長宛て。「シンガポールに着く前日」に、用紙3枚に走り書きでしたためられていた。

     慢性の胃腸病を患い、物事に集中できないと精神的苦痛を明かし「とてもテニスが出来ません」と訴えている。デ杯代表の若い選手3人を引率した自身を「この醜態さ、何と日本帝国に対して謝ってよいか分かりません。その罪、死以上だと思います」と責め、「私は死以上のことは出来ません。生前お世話様になった同胞各位に礼を述べ、卑怯(ひきょう)の罪を許されんことを請う。では、さよなら」と結んでいる(原文は旧仮名遣い)。

    http://www.nikkansports.com/sports/news/1498910.html

  2. そういえば何年か前に錦織圭君と卓球の福原愛ちゃんの熱愛報道がありましたね。福原愛ちゃんは台湾の卓球選手と婚約しましたが、台湾は中国語(北京語) 愛ちゃんは中国語ペラペラしゃべれるそうです。安倍や進次郎はカリフォルニア大学 コロンビア大学を優秀な成績のはずですが、英語がしゃべれないそうです。2008年5月に当時中国の胡錦濤国家主席が福田康夫首相と福原愛ちゃん3人で卓球をやっていた映像がほほえましくて良かったですね。錦織圭君全米オープン優勝して日本に帰国しても 官邸に行かないでほしい。安倍と握手なんかしてほしくない。

  3. 良いことですが

    テロビ露出の多いスポーツ選手って
    大抵滑舌悪いのはなんで?
    非常にマイノリティ的発音が多いし
    不思議ですじゃ。

  4. >積み重ねがあるから

    雨垂れ、岩をも穿つ…

    歴史の「積み重ね」だけが、
    大きな「障壁」を突破させる。

    世界を歪める「巨悪」に、
    ストレートで勝ちたいですね。

    いつの日か、必ず出来ると。

  5. 錦織圭さん、決めそうですね。テニスの歴史と言えば、なんたって今の天皇陛下もテニスで結ばれたのですから。そういう意味でもぜひ、一位になって欲しいです。

    先生のブログもあっという間に検索トップになりますね。長い歴史がありますから。だんだん良くなってきました。確実にビッグローブさんの時より進化してます。たいていは移りましたら後退してない?みたいなの多いですのに。まだまだ伸び盛りのRKブログで御座いました。

  6. いつか、独立党のみなさんと、バトミントン 卓球 テニスして楽しく過ごしたいです。 トラック野郎一番星

  7. 【官製談合を疑われても仕方がない】

    【森喜朗氏と大成建設との関係】

    ◆大成建設、五輪会場99.99%落札に疑問の声(週刊文春)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00006535-sbunshun-pol

    整備予算の膨張が問題となっている東京五輪の「海の森水上競技場」の入札に、専門家から疑問の声が上がっている。

    ボートとカヌー・スプリントの競技会場となる「海の森水上競技場」は、東京都が整備予算を負担する恒久施設の一つ。開催都市立候補の段階では約69億円の予算だったが、開催決定後、周辺工事費用などが含まれていなかったとして約1038億円まで膨れ上がった。結局、試算を見直し、約491億円となったが、小池百合子知事は「500億円を海に捨てるようなもの」と批判している。

    「海の森水上競技場」のグランドスタンド棟や水門などの整備工事は、新国立競技場を受注した大成建設を中心とするJV(ジョイント・ベンチャー)に決まったが、異例ずくめだった。

    まず入札に参加したのは大成のJVのみだった。また、248億9863万9680円の予定価格に対し、大成のJVの入札価格は248億9832万円だった。予定価格を上回れば、入札不調となるが、わずか31万円ほど安いギリギリの価格での落札で、落札率で言えば99.99%となる。

    20年以上、公共工事をウォッチしてきたという法政大の五十嵐敬喜名誉教授が語る。

    「官製談合を疑われても仕方がないケースです。落札率が99.99%で価格点は限りなくゼロに近く、技術点も60点中36点と非常に低い。しかも、これだけの大規模工事にもかかわらず、技術提案書締切の後、技術審査委員会は2回しか行なわれていません。他の恒久施設の審査では外部有識者がいるのに、今回は審査委員6人のうち5人が都港湾局の職員です。こうした点からも、公平性・透明性に欠けると言わざるを得ません。入札過程を検証する必要があります」

    大成建設の広報は、週刊文春の取材に対して、次のように回答した。

    「工事受注者の選定につきましては、適正な手続きに基づき行われているものと認識しております」

    発注者の都港湾局も「落札者の決定は適正に行われております」と回答した。

    「海の森水上競技場」については、巨額の予算だけでなく、風や騒音の問題で選手や競技団体からも批判の声があがっており、今後論議を呼びそうだ。

    週刊文春9月8日発売号では、森喜朗・東京五輪組織委員会会長と大成建設など五輪施設受注企業との関係について詳報する。(2016年9月7日)

  8. その「文化」を壊そうとするクズ(`ε´)

    共謀罪法案、公明容認へ 山口代表、提出時期は明言せず

     犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を変更する形で安倍政権がまとめた「テロ等組織犯罪準備罪」法案について、公明党の山口那津男代表は、「テロなどが起きないように法的根拠を整えておくことは重要だ」と述べ、基本的に容認する考えを示した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。