ドゥテルテ大統領が、馬鹿を馬鹿呼ばわりした?
馬鹿を馬鹿と呼ぶのは、正しい言動であって、特に問題があるとも思いません。
国連事務曹長の潘基文さんは、ヒラリーたち裏社会ヤクザが選んで就任させた傀儡です。よって、米国1%の言いなりになって「国連を機能させない」よう配慮してきました。英語もできない馬鹿だから、選ばれたのです。よって「馬鹿」が正解です。
フィリッピンの麻薬組織は、そもそも、米国ユダヤ麻薬シンジケートの傘下にあると見ています。ドゥテルテ大統領が麻薬犯を「処分」すると、一番困るのは、米国の麻薬業者たちだと思うのですが。よって、潘基文が、麻薬業者の代わりにドゥテルテを非難すると。

比の大きな麻薬市場を失いたくない米国ヤクザが、潘基文を使って抵抗している。

冨永 俊史
14分
【フィリピンのドゥテルテ大統領:国連の潘基文国連事務総長をバカ呼ばわり】
◆フィリピン大統領、国連総長をバカ呼ばわり(sputnik)

http://jp.sputniknews.com/life/20160909/2755283.html

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、人権侵害の懸念を示した国連の潘基文国連事務総長をバカ呼ばわりした。

ロシアのメディアがドゥテルテ大統領の次の発言を掲載した。
「お前はただ一介の馬鹿に過ぎないって俺は自分に言った。俺は対犯罪者政策を続ける。あいつら(麻薬犯罪者)はかわいそうとは思わない。どうでもいい」
先に伝えられたところ、ドゥテルテ大統領はオバマ大統領を「売春婦の息子め」とののしった。(2016年9月9日)