ヒカルランドから講演・対談を収録した新刊書が出ます。
(いつ出版されるか知りませんが、多分、近いうちです。)

RK単独講演、BF・RK対談、BF単独講演が含まれています。

日本独立党党首! だそうです。ま、いいか。

よろしく、ご愛顧ください。

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い
日本独立はそのゆくえにかかっている!

http://www.hikaruland.co.jp/books/2016/09/30154016.html

著者:クリス・ノース(政治学者)/ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長)、板垣英憲(元毎日新聞政治部記者)/リチャード・コシミズ(日本独立党党首)

四六判ソフトカバー 価格:1843円+税

☆2016年9月全国発売予定☆

ISBN:9784864714242

人気セミナーが合体して1冊の本になりました。

どうなる2016年の下半期? 一体何が起こるのか? トランプの大統領就任が世界を変える!?

我々はこれからの日本を守ることができるのか?

支配者たちが目論む世界独裁政府の計画と、その対策を見極めよ!

第1章 板垣英憲

◆第3次世界大戦はもう目前!?

日本人のルーツから見えてきた、この世界のゆくえとは?

・G7サミットは見せかけの血塗られたサミットである

・宗教における歴史観をひもとくと見えてくる、文明発生から解体までのサイクル

・鉱物資源が採れる場所に神社は建っている

・日本人のルーツはシュメールにあり/日本人は中東から海を渡ってやってきた

・ひょっとしたら、日本は第三次世界大戦に加担させられるかもしれない・・・

・パナマ文章は中国版ドルを紙くずにするのが目的だった

・第三次世界大戦をとめるのはトランプ大統領!?

・イラン、パキスタン、北朝鮮、サウジアラビアは核兵器でつながっている!

・世界の行く末を左右する4京3000兆円のカネを誰が動かすのか?

・38度線に隠された秘密/38度線は今も生きている!
第2章 ベンジャミン・フルフォード クリス・ノース

◆メディアも、金融も、政界も学界も…全ては完全に支配下におかれていた!?

アメリカ社会でユダヤ人が果たす役割とその世界的影響力とは?
・ユダヤ人を無視しては、世界情勢は何も理解できない

・ハリウッドはユダヤ人が経営している!

・連邦準備制度理事会の議長を務めているのは、代々ユダヤ人である

・エリート大学でもユダヤ人が優遇されていた!

・プーチンはエリツィンとユダヤ人を裏切り、革命を起こした!

・ビクトリア・ヌーランドは世界で一番危険な女性!?

・イギリスのEU離脱は、ソ連崩壊時の動きと酷似している!?

・脚本を読んでいるだけのヒラリーとオバマ、自らの言葉で演説するトランプとプーチン

・歴史上で一番不公正な、今のアメリカのマスコミ
第3章 ベンジャミン・フルフォード リチャード・コシミズ

◆ドナルド・トランプ大統領(?)は、倒産した「株式会社アメリカ」の破産管財人になる!!
・戦後の日本を託された3人の男の実態

・馬賊の親玉、小玉誉士夫

・3人に共通するキーワード”麻薬”

・政権与党である自民党と統一教会の蜜月な関係≫

・もっとも安全な麻薬密輸経路の真実≫

・統一教会と北朝鮮の蜜月な関係の裏側に潜む密輸のルート網

・池田大作出生の原点地、北朝鮮

・クリントン家の裏稼業”麻薬密売”

・大麻合法化に隠された政府の意図

・血筋延命の為に塗り替えられた名前と出生

・国会議員世襲制がもたらす日本の結末

・出来レースの選挙”改ざん”された票

・情報操作される支持率と民意

・日本の構造に隠された”重要機関”

・CSISと日経新聞との密接な関係

・隠されたアメリカと日本の実態と真実

・崩壊寸前の管理体制とコントロールされた情報社会

・アメリカ人の民主主義の疑問への”気づき”を孕む大統領選挙

・トランプ政権発足の先に見える仕組まれたアメリカのデフォルト

・一般国民が持つ愛国精神と彼らが築く明るく公平な未来への期待(以下、略)