本国でまともな大学に行けない劣等生が日本に留学する。(一部例外もあり、東大早慶に行ける学生も少数だがいる。)

日本は、先進国で唯一、バイトしながら学校に通える国。

日本語学校で8割出席すれば、大学受験資格がもらえる。あとは、自分の名前が書ければ入学できる4流大学が手ぐすね引いて待っている。日本の私大の40%以上が定員割れ。

その4流私大に救いの手を差し伸べているのが安倍愚鈍政権。「留学生30万人計画」で、中国とベトナムの留学生が大量に流入する。週28時間のアルバイトが許される。女性は隠れて夜はホステス稼業。(ただし入管の摘発の恐怖、常にあり。)バイトで稼いで学費生活費に充当する。学校は出席取ったら、すぐに睡眠時間。または携帯ゲーム。

新潟の小都市、長岡。大学ばかりたくさんあり、留学生だらけ。夜、ホテルに按摩を呼ぶと日本語の不確かな若い女性が「奉仕」に来るらしい。(今度呼んでみようw)

28時間ルールが日本語学校生、専門学校生にも適用されたので、留学生が増える。学費の安い専門学校志望者が激増中。

これって、歪な状況ではないでしょうか。まじめに勉強に来る人ばかりじゃない。「ハク」をつけるために日本に留学する。中国本国は熾烈な受験戦争で、まともな大学には入れない。だが大学進学しないとまともな職にもつけない。体裁も悪い。だから、日本に押し寄せる中途半端な若者たち。「日本経済大学」「東京国際大学」なんて、名前だけ一流だが、中国では受けがいい。

稼ぐために日本に来る。勉強はもとよりできない。卒業しても日本語もろくにできない。夜の闇に消えていく留学生上がり。留学生にとって日本はパラダイス。中国に帰りたくない。さて、次のステップは偽装就職、偽装結婚ですね。

4流大学の存続のために留学生30万人を受け入れるのは止めましょう。少子高齢化ゆえ、大学の半分は要らなくなる。さっさと潰して清算するには、留学生受け入れの制限が必要です。大学は頑張って勉強してやっと入れるところである方が望ましい。成蹊大学の成の字も掛けない、算数もできない大学生なんて。茶髪で右耳ピアスの大学生、いりません。

大学定員割れは、大学全入を達成した小泉竹中の日本劣化作戦の賜物です。

 

とくお

日本への「留学生30万人計画」が招く深刻な“質”の低下
http://diamond.jp/articles/-/102584?display=b