「シオニストユダヤ軍」が、ISISを含めたシリアの反政府勢力の実態であると知っているロシアは、涼しい顔して、シリア政府軍とともに反政府勢力を空爆。

実際に、アレッポで殺されるのは、反政府軍の殻を被った米英イスラエル・シオニスト軍。悲鳴を上げるシオニスト軍が、ロシアに空爆を止めろと涙目。

遠慮せず、どんどん空爆して、シオニスト軍を根絶やしにしてください。ISISは既に壊滅状態。「大イスラエル帝国」計画はとん挫。米英イスラエル軍を中東から追い出しましょう。そして、米英の兵士の諸君、シオニストユダヤ人の謀略の犠牲になって犬死する愚かさに気づきましょう。

酢味噌
2016年9月26日 12:52 AM
ロシアは攻撃停止させよ=シリア停戦維持で声明-米欧外相

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500018&g=isk

 【ワシントン時事】米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、欧州連合(EU)の外相は24日、共同声明を出し、事実上崩壊したシリア内戦の停戦合意を維持するため、ロシアに対し、後押しするアサド政権軍に攻撃を停止させるよう求めた。また、北部アレッポでの戦闘激化などを討議する国連安保理会合の招集を求めた。
 各国外相は同日、米東部ボストンで会談。ケリー米国務長官は会談に先立ち、「アレッポで起きていることは受け入れられない。常軌を逸している」と述べ、攻撃を再開したアサド政権軍やロシア軍を非難した。
 米ロ合意による停戦は12日に発効したが、アサド政権軍は19日に停戦終了を宣言。アレッポで政権軍やロシア軍によるとみられる空爆が激化しており、24日までの2日間で100人を超える死者が出た。在英のシリア人権監視団によると、25日も少なくとも14人の犠牲者が出ている。
時事通信 2016年09月25日23時08分