「タックスヘイブン」の税逃れ対策、ちゃんとやってますよとアリバイ作りの安部裏社会政権。

勿論、「ペーパー会社」の定義を巡って、巨額脱税者の皆さんには逃げ道が用意されますのでご安心を。結局、一部のスケープゴート以外はお目こぼしとなる予定ですね。

むしろ、統一教会自民党にしてみれば、脱税摘発を恐れる金持ちの皆さんから、「みかじめ料」として、裏献金を受ける絶好のチャンスですね。

なんだ、それが目的だったのかな?

今まで放置しておいて、今更おこがましい。ふざけるな。

国税、廃止すべきです。

ハラ

国税がペーパー会社ではないと判断したら?

今でも放置しているわけで。

●ペーパー会社は全て課税 海外税逃れ防止への新ルール判明

2016/9/27 19:51【共同】

http://this.kiji.is/153454158286979075?c=39546741839462401

海外子会社を通じた日本企業の税逃れを防ぐため、政府が検討する新たな課税ルールが27日判明した。ペーパー会社を海外に作った場合、その国の法人税率がどうあれ全て日本の税率を適用して課税することが柱。税逃れを指南する専門家への開示義務も新たに定め、必要に応じ罰則を科す。

新ルールは段階的に適用し、ペーパー会社の課税強化は今年末の2017年度税制改正、指南役対策は18年度改正に盛り込む。節税目的の所得移転に網を掛け、「パナマ文書」問題で批判が高まっている税逃れに厳しく対処する姿勢を示す。

広告