シャブで頭がおかしくなった人たちが、追い詰められてカルト組織の常套手段を行使し始めました。

つまり、「脅し」です。

私RKの過去の例では「自宅にタランチュラ」「マンション階下にヤクザもの」など、笑えるネタでしたが、留守中入り込んで、形跡を残しておくなどの手口を使います。つまり、委縮して、裏社会攻撃を止めるよう仕向けます。つまり、それだけゴロツキどもが狼狽しているということ。

裁判所でシャブシャブ追及されるのを恐れている模様です。!(^^)!

10月1日のRK八王子講演会 テーマ「創価学会」も裏社会には痛手であったようですね。

I君、身辺におかしなことあったら、ご一報を。

「あの連中」を追及してきた皆さん、周辺に異変は起きていませんか?

裏社会は過去の成功体験から、汚い手口を行使します。過去には、この手口で大概は口封じ出来たからです。だが、その卑しい手口がRK独立党員には効果がないことを知って、愕然とすることでしょう。

警察に通報するのもいいですが、証拠をとってしまうのも面白いです。証拠をネットに上げてしまう方が、即効性があります。裏社会の悪事を逆手にとって、ダメージを与えます。そして、証拠を携えて警察に行きましょう。警察に創価は多いですが、全てではありません。まともな警察官もいます。

人感センサー付き、カメラ、1万円しません。手の届かないところ、見つけにくいところに設置しましょう。(持ち去り防止)人感ライトとの併用もお洒落です。

裏社会の手口については、RKの「小説 日本の魔界」を読み直していただければと思います。

サンコー THANKO
DMTH007 [人感センサー小型自動録画監視カメラ]
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001002961222/index.html?gad1=&gad2=g&gad3=&gad4=56278881131&gad5=14146332940373745935&gad6=1o4&xfr=pla&gclid=CNOjguyPvM8CFVaVvQodPDQA5g

消しゴムくらいの小型のサイズで、撮影したいと思うところにサクサク設置できる、手軽な人感センサー付きの自動録画カメラです。

「人感センサー」によって、人が来たときに録画が開始されるから、消費電力、記録メディア容量をおさえることができます。

もちろん、普通のカメラのように手動で録画することも可能です。