%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8989

%e3%81%88%ef%bd%84なぜ、米メディアが続々とトランプ不支持を表明するのか?

ヒラリーとのディベートでは、CNN以外はトランプの勝利と世論調査結果を報じているのに。

トランプ氏の当選が濃厚になってきたからです。

米メディアは、トランプ大統領では困るのです。

何故か?

米大手メディアは、例外なく、金融ユダヤ人の経営だからです。

米国1%の凋落を食い止めるためには、不正選挙でヒラリー大統領を実現しなくてはならない。

米ゴロツキメディアがCFR暗黒帝国から指示を受けてトランプ叩きに邁進して当たり前なのです。

残念なことに、米国民の多くは、自国が金融ユダヤ人の乗っ取られていることを知らないのです。

とくお

米紙、続々とトランプ氏不支持だが… 影響は限定的?

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJB1221LJB1UHBI002.html

米大統領選で、長く共和党候補を支持してきた主な地方紙が相次いで、同党のトランプ氏(70)を支持しない社説を掲げている。多くの暴言や排外的な政策が、伝統的な論調と合わないとの判断からだ。もっとも、読者の思いとは必ずしも重なっておらず、こうした新聞の社説が選挙戦に及ぼす影響は未知数だ。

アリゾナ州最大手の「アリゾナ・リパブリック」は9月27日、1890年の創刊以来の伝統を破り、社説で民主党のクリントン氏(68)を推薦した。

創刊時の紙名が「リパブリカン(共和党員)」で、筋金入りの共和党支持派だが、トランプ氏について「保守でもなく、大統領になるべきでもない」と断じた。読者向け動画で、フィル・ボアス論説委員長は、トランプ氏の扇動的・差別的な言動を「能力も品位もない」と批判。先日のテレビ討論会を見て、最終的な決断をしたという。

長く保守的な立場をとってきた他の地方紙も同様の判断をしている。テキサス州の主要紙「ダラス・モーニング・ニュース」は9月7日、1940年以来初めて民主党を支持した。クリントン氏を推すのは「簡単な決断ではない」としながら、トランプ氏の経歴や判断と比べると「競争にならない」と述べた。