%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89672016年10月9日RK高崎講演会にご参加、ご視聴いただき有難うございました。

10月8日未明に発生した阿蘇中岳の爆発的噴火。

もし、この天災に人為的な力が働いているなら、早いうちに「消火」しておく必要があるかと考え、些か、衝動的に「火山噴火」を中心としたテーマで緊急講演をさせていただきました。

九州各地で製造されている電子部品。噴火が長引けば、降灰が続き、工場の生産設備は火山灰を吸い込んで故障したり、設備のフィルタが目詰まりしたりで生産が止まるところが出てくるであろう。

それ以前に、送電線の絶縁のための碍子に火山灰が積もり、降水を吸収して泥団子状態となり、絶縁性が下がり、高圧線がショートする。そうなると、送電が止まり、工場が稼働できなくなります。

電子部品の供給が滞れば、日本の自動車産業、電子産業、機械工業が生産停止に追い込まれる。中国など、日本製部品に依存する国も同じでしょう。(物をろくに作っていない米国にはあまり関係ないでしょうが。)

世界の経済を停滞させる効果が、阿蘇山の噴火にあるかもしれない。こんごも「人工」の兆候を掴むべく、事態を注視すべきと思います。

裏社会の姦計に歯止めを掛けるのが、RK独立党の使命です。

さて、次回は、10月22日(土)大阪です!

よろしく、ご参加ください!