プミポン国王ご逝去の報に接し、深く、哀悼の意を捧げます。

政治的衝突の際には、仲裁に入られて上手に纏められた英明なる君主。

国王の決定には誰も逆らえなかった。良い意味での20世紀の絶対君主でした。

タイ国民の崇敬が集中する国王の死去で、次の国王がどう立ちまわられるか、些か心配です。

ユダ金1%に最も利用されやすいタイプの方と理解するものですから。

米中対立に利用されかねません。

秋篠宮殿下、タイの今後にご助言を。

 
◆タイ プミポン国王が死去(NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161013/k10010729021000.html

世界で最も在位の長い国王として知られたタイのプミポン国王が亡くなりました。88歳でした。たびたび政治の混乱が起きてきたタイの安定の要となってきた国王の死去はタイの政治や経済にも影響を与えるものと見られます。
タイの王室庁は日本時間の13日午後9時前、声明を出し、プミポン国王が13日死去したと発表しました。
プミポン国王は、1946年に18歳で即位して以来、国家元首として70年にわたって国を治め、世界で最も在位の長い国王として知られてきました。
プミポン国王はタイの各地で貧困撲滅のための事業を王室主導で立ち上げるなどし、国民の絶大な尊敬を集めてきたほか、日本の皇室とも親しい関係にあり2006年に行われた即位60周年を祝う式典には、天皇皇后両陛下が出席し、親交を深められました。
タイでは、たびたび軍事クーデターが起きるなど政治の混乱が繰り返されてきましたが、過去にはプミポン国王がみずから対立する政治勢力の間に入って仲裁を行ったこともあり、政治の安定に決定的な役割を果たしてきました。タイではおととしのクーデター以降、軍主導の暫定政権が続いていて、民政への復帰が課題となっています。政治の安定の要となってきた国王が死去したことは、今後のタイの政治にも何らかの影響を与えるものと見られます。
また、タイは日本人に人気の旅行先であるほか、およそ4500社の日系企業が進出するなど日本との経済的な結びつきが極めて強い国で、経済にも影響が及ぶという指摘も出ています。後継の国王はまだ指名されていませんが、長男のワチラロンコン皇太子が有力視されています。

国民から絶大な尊敬

プミポン国王は、1927年にアメリカでタイ王室の王子の父と一般人の母の間に生まれ、幼少期をスイスで過ごしました。スイスの大学に在学中、当時の国王だった兄が突然亡くなり、1946年、18歳でチャクリー王朝の9番目の国王に即位し、以降、国王としては世界で最も長く70年間にわたって国を治めてきました。
プミポン国王は、タイの各地で王室主導で稲作や酪農など2000以上に上るプロジェクトを実施し、農村の振興や貧困対策に力を入れてきました。たび重なる政治危機の際には国家元首として国をまとめる役割を果たし、1992年には軍部と民主化を求めるグループとの衝突が起きて多数の死傷者が出たことを受け、国王みずからが軍を背景にする当時の首相と民主化運動の指導者を呼び出して話し合いをさせ、混乱を鎮めました。こうしたことから、プミポン国王は国民から絶大な尊敬を集め、タイでは街の至る所に国王の肖像画や写真が掲げられています。
プミポン国王は日本の皇室との関係も深く、1960年代には当時、皇太子だった天皇陛下から寄贈された淡水魚を食用としてタイ全土に広めたほか、日本のメーカーのカメラや自動車を長年愛用するなど、親日家としても知られてきました。

ワチラロンコン皇太子 ここ数年公務を代行

ワチラロンコン皇太子はプミポン国王の長男で、1952年生まれの64歳です。
イギリスやオーストラリアへの留学を経て1972年、20歳のときに皇太子となりました。ワチラロンコン皇太子は空軍のパイロットの資格を持ち、みずから航空機を操縦することで知られています。
ここ数年は高齢で体調を崩していたプミポン国王の代理として、妹のシリントン王女とともに毎年恒例の王室の行事などさまざまな公務を代行しています。ワチラロンコン皇太子には、王位継承の資格をもつ王子が1人います。

タイのテレビ 国王死去発表

タイのテレビ局は、13日午後6時50分(日本時間午後8時50分)すぎ、放送を白黒の画面に切り替えて女性アナウンサーが音声のみで国王が死去したという王室庁からの発表を伝えました。現地時間の午後7時すぎには、すべてのテレビ局の画面が切り替わり、黒いスーツ姿の男性アナウンサーが、王室庁の声明を改めて読み上げました。その後、白黒写真などを使ってプミポン国王の生い立ちと生涯を伝える映像がすべてのチャンネルで流されました。