トランプ氏:選挙は多くの投票所で「不正が行われている」と言及。

ついに、トランプ氏自身が「不正選挙」に言及。

さて、1%陣営は「トランプは妄想狂」だと、ユダヤ人経営のメディアを使って、血走った眼で中傷するでしょうが、有権者の脳裏には「不正選挙」が刻まれることになる。

ヒラリー犯罪集団は衆人環視のもと、不正選挙が敢行できるのか?

それでもなお強行した時、大衆の覚醒を惹起する結果となる!

トランプ氏よ、11月8日まで「不正選挙」と声を大にして繰り返してほしい。

世界中が、特に日本人が、「不正選挙」に目覚めるように。

とくお

選挙結果、投票所で操作と主張

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN12H09E

[ワシントン 16日 ロイター] – 米大統領選の共和党候補トランプ氏は16日、選挙は多くの投票所で「不正が行われている」と主張し、選挙結果の正当性に疑問を投げかけた。

トランプ氏はツイッターへの投稿で、選挙は民主党候補のクリントン氏を支持する「不誠実で偏向した」メディアによって完全にゆがめられているが、投票所でも不正が行われていると指摘した。不正の根拠は示さなかった。

共和党副大統領候補ペンス氏は大統領選の結果を受け入れる考えを示している。

↓ 副島先生も米大統領選で「不正選挙」が実行されると明言されています。

これから選挙まで、「不正選挙」が大衆の間で語られる!

だいず

米大統領選、不正選挙をやることにしたようです。

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

副島先生の重たい掲示板です。

(抜粋)11月8日に、不正選挙 ( rigged election リグド・エレクション)を、何が何でも実施する、と決めたようだ。不正選挙とは、各州ごとの投票結果の最後で、コンピュータをいじくって投票数を操作する。そして、その接戦州(せっせんしゅう)の勝ち負けをひっくり返す。

2010年のアル・ゴアとジョージ・ブッシュの時に、フロリダ州でこれを行った。本当はアルゴアが勝っていた。それをねじ曲げた。それでその後、2ヶ月間、アメリカ政治は、もめにもめた。これと同じ事を、今度もするだろう。