サムライ輿水応援隊

トランプ氏はここまできたら
とことん暴いて命張って闘うという
気持ちが伝わってきます。
根性あるよ、トランプ氏。

アメリカのメディアも
誤魔化し切れないでしょうね。
これで強引に不正やれば
ホワイトハウスとCFRの周りには
捨て身の怒り狂った市民で
囲われるのが目に見えますね。

まっ、当然ですがね・・・・。

Good Bye! U.S.A

本当に天から選ばれた人物には「諦める」とか「妥協する」といった選択肢がないんですね。

形勢不利に見えても、スキャンダルを捏造されても、もうあとがないように見えても、途中で投げ出すという選択肢が最初からない。選択肢にないから、選択しようがない。

最後には、帳尻が合う、うまく事が運ぶと経験的に知っているんです。だから、怯まない。涼しい顔して危機に立ち向かっていくわけです。鉄砲を向けられても、笑みを絶やさず、眼光鋭く、大股で銃口に向かっていく。

巨悪にとって、これほど怖いことはない。相手が恐怖心を持ってくれないのですから。それに、銃弾を発射すれば、銃が暴発して自分の手首がぶっ飛ぶ羽目になる。巨悪は、堅固な意志の前では、ただただ無力なんです。

「臆病」が巨悪の大好物なんです。「つけ入る隙」を臆病が運んでくるから。

トランプさん、暗殺の銃弾は放たれても貴方を避けて飛んでいくと信じてください。

八百万の神が貴方の守護神です。ちょっと多すぎてすいませんが。w