国家を私物化しようと企むWall Street Jewが諸悪の根源である。

トランプ氏、許されるならば「このユダ公どもがっ!」と怒りをぶつけたいことでしょう。

「愚鈍な人々」という形容は、正鵠を射ています。自分たちだけが全ての富を独占しようと企んで、結果、全てを失い糾弾され排除される。まさに愚鈍としか言いようがない。学習能力ゼロ。

プーチン氏と手を組んでWSJによる支配構造を叩き潰そうとするトランプ氏。

ただひたすら、WSJの敵、プーチン氏を攻撃するしか能がない「金融ユダ公」ども。

これは、金融ユダヤ人100万と全人類70億の戦いです。

冨永 俊史

【トランプ氏:「米国は愚鈍な人々に支配されている」(sputnik)】

https://jp.sputniknews.com/us/201610252941860/

米大統領選共和党候補のドナルド・トランプ氏は米フロリダ州での演説中に、クリントン氏によるプーチン大統領についての発言にコメントした。トランプ氏によると、このような発言からは、同国は愚鈍な人々に支配されているとの結論を出せる。

RTニュースが同氏に次の言葉を報じた。

「彼らは常に私とロシアのつながりについて話しており、プーチン大統領について悪く言っている。そしてその後、我われはプーチン大統領と会談する必要があると。だが、一体どうしてプーチン大統領が賛成するのか?みなさん、この国は賢くない人々によって支配されている。言葉を変えれば、国は馬鹿な人々によって支配されている」

トランプ氏は1度ならず、米国はロシアとの関係を正常化する必要があると強調している。同氏はプーチン大統領と良い関係があると述べている。トランプ氏は、プーチン大統領を尊敬しており、現在の米大統領とは違い強いリーダーだと考えていると述べている。(2016年10月25日)