結局、朴クネクネのレズ相手の崔順実おばさんは、専属のホスト5匹をカラオケに呼びつけて奉仕させる趣味….は、どうでもいい。もっと大事なことを。

朴クネクネの娘が、統一キチガイ教会に入っているのが気になっていたのだが、崔順実にも統一麻薬密輸教会と接点があったようだ。

崔順実の娘は、統一教会系の学校に通っていた。パククネクネに統一邪教幹部を大使に任命させようとした。まあ、ここまではいい。

来年の冬季オリンピックは、主要施設の建設が遅れて開催が危ぶまれているが、遅れた理由は、崔順実が無理やり、外国企業に設計させようとして揉めて起工が遅れたかららしい。(初めからピョンチョン・オリンピックは戦乱が起きて開催されない予定だったのでは?)

推測:崔順実は、統一教会の別動隊。つまり、ユダヤCIA。米国1%の意のまま、パククネクネを動かすのが、崔順実の「任務」だったのではないか?ベッドの上でクネクネ愛撫しながら。

経済崩壊真っただ中の韓国。コンテナ船最大手の韓進海運の破綻で、物流大混乱。造船大不況。大宇造船も不良化。「携帯電話と自動車だけ金を稼いでいる」韓国。つまり、三星電子と現代自動車だけが頼みの綱だが、これらにも陰りが。つまり、全部だめ。

一部には、韓国の経済崩壊で、北朝鮮の「南進」が触発されると見る向きもある。そうなると、米国1%には好都合。一方、北朝鮮は馬鹿の一つ覚えのようにポテチンロケットを日本海に飛ばして、海洋汚染に貢献。

ヒラ婆一味、つまり、米国1%の失権を有耶無耶にするために、急遽、北朝鮮に軍事行動をとらせる恐れが。

日本の北朝鮮別動隊の動向に注目。特に名古屋方面に。

お馬さん、パカパカ。

 
国政介入:崔順実氏と統一教会系「世界日報」の奇妙な関係(朝鮮日報記事)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/28/2016102800773.html

ドイツに滞在中の崔順実(チェ・スンシル)氏が26日、世界基督教統一神霊協会維持財団(統一教会財団)系の新聞「世界日報」の単独インタビューに応じ、崔氏と統一教会の関係に関する指摘が相次いでいる。

世界日報は2014年11月にも崔氏の元夫、鄭允会(チョン・ユンフェ)氏が韓国大統領府で通称「十常侍」と呼ばれる秘書官らと秘密会合を持つなど国政に介入していたと単独で報じたことがある。崔氏の娘、チョン・ユラ氏は統一教会財団が運営するとされる景福初等学校、ソンファ音楽英才アカデミーに通った。
在米ジャーナリストのアン・チヨン氏は同日、ブログで消息筋の話として、「崔氏が朴槿恵(パク・クンヘ)政権発足後、統一教会の元欧州総責任者で、新聞社社長を務めたS氏を駐イタリア大使に推薦したが、当時の趙応天(チョ・ウンチョン)大統領府公職紀綱担当秘書官(現・共に民主党国会議員)の反対で実現しなかった」と指摘した。

アン氏はS氏について、「1975年から統一教会に心酔し、統一教会の創始者である文鮮明(ムン・ソンミョン)総裁の最側近とされた人物。鄭允会氏とは同郷で、統一教会の欧州総責任者を長く務め、世界日報社長を歴任した人物で、ドイツに長く住んでいた。崔順実・鄭允会夫婦と親しい」と説明。「消息筋によれば、世界日報のインタビュー記事はS氏が仲介したものだった」と主張した。(以下略)

李竜洙(イ・ヨンス)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版