FBIコミー長官がクリントンメールの不起訴を再び決めたことで、むしろ、ヒラリーに対する国民感情はさらに悪化したようです。

1%には理屈抜きの「免罪符」が与えられている。今までは、はっきり認識されていなかった事実が、ここまで確証付きで米国民の脳裏に刻まれたわけです。

このまま、不正選挙でヒラリー勝利を強引に推し進めれば….絶対にただではすみません。

「エスタブリッシメント」「エリート」と呼ばれるごく一握りの寡頭独占者(実際はただのシオニストユダヤ金融悪魔。)に対する憤りは頂点に達します。

「不正選挙」この言葉が、全米を席巻している中での不正選挙。

それでも強行するのか?普通の白人労働者層に教えてあげましょう。皆さんの敵は、ただの非キリスト教徒のシオニスト集団だったと。

1%悪のリーダーたちも、もう気づいていることでしょう。もはや逃げ道はない。どうぞ、このまま、ごり押しをしてください。それが世界の民を覚醒させ、世界中の1%の使用人たちをも同時に破滅させます。1%の隠し玉、北朝鮮も崩壊します。

どうぞ、ごり押ししてください。どうぞ、無理やり、1%支配の継続を試みてください。

あなた方の強引さが理不尽であればあるほど、世界の覚醒は一気に進みます。

やす

藤原直哉氏のツイート

共和党はむしろこのFBIの決定で求心力。トランプ、ほおら、インチキ選挙でしょ、クリントンは守られているでしょ、と演説。

http://www.zerohedge.com/news/2016-11-06/paul-ryan-issues-statement-fbi-decision-endorses-trump

クリントン選対トップのポデスタは、不起訴の決定で逆にFBI内部から激高した捜査官が証拠をリークすることを懸念。黙らせろと。

http://www.zerohedge.com/news/2016-11-06/podesta-panic-mode-fbi-leakers-should-shut

今回のFBI長官のクリントンメール不起訴はクリントンにとって選挙で有利になるのか、不利になるのか。

https://www.washingtonpost.com/politics/after-security-scare-trump-resumes-battleground-sprint-clinton-doubles-back-to-ohio/2016/11/06/f93c587a-a41a-11e6-ba59-a7d93165c6d4_story.html?hpid=hp_hp-top-table-main_campaignweb-1201pm%3Ahomepage%2Fstory