ロシアのハッカーが大統領選直後のCFRをハッキングしたのなら、ハザール・ユダヤ人たちの周章狼狽の様をきっちりと知りえたことでしょう。そして、その後の彼らの苦し紛れの起死回生策をも。

プーチンさん、先回りして、米オリガルヒの姦計を片っ端から潰してください。

彼らの行き先に巧妙な落とし穴を!落とし穴の底には鋭利な刃物の列を。日本刀がお薦めです。そして、ペンタゴン、FBI、CIAの中の愛国者と連携してください。オリガルヒが何かしでかす前に「情報漏洩」を促してください。

ヒラリー一味は99%の前に一敗地にまみれたが、親玉の米オリガルヒは、まだ、死んだわけではない。CFRは次の手を打とうと企んでいる。

CFRに集まるオリガルヒの巨悪を撲滅しなくては。プーチン氏、トランプ氏とともに全人類70億が力を合わせて。

リチャード・コシミズ
スリーピーフォロウ

ロイター「ロシアのハッカー、大統領選直後に米シンクタンク攻撃か 2016年 11月 11日 14:12」
http://jp.reuters.com/article/usa-election-cyber-russia-idJPKBN1360C1

最近では何の変哲ない、よく見る「全部ロシアのせいだ!」類の記事ですが、そのならびにターゲットにされたシンクタンクがどこだったかというのが非常に興味深い記事です。
(前略)
シンクタンク、外交問題評議会のセキュリティー専門家アダム・セガール氏は、ターゲットには同評議会も含まれると述べた。
(後略)
「外交問題評議会」これを英語では「Council on Foreign Relations」頭文字をとってCFRといわれるシンクタンク、それを口にすれば「それ陰謀論でしょ?」と揶揄されるとっても有名な例の場所です。

これはホントにロシアのハッカーがやったのでしょうか?
米国内のメリーランド州フォート・ジョージ・G・ミード陸軍基地とか、ペンシルベニア通り935番北西ジョン・エドガー・フーヴァービルディングとか、からじゃないんですか?
私はそんなきがしてならないのです。