「敵」を形容する言葉はいろいろあります。

「グローバリズム」
「オリガルヒ」
「ウォール街」
「1%」
「エリート」
「セレブ」
「ユダヤ金融悪魔」
「ハザール・ユダヤ人」
「シオニスト」

今回の米大統領不正選挙で「こいつら」が99%の敵だと明らかになったことが、とてもとても重要です。

だからこそ、トランプ氏が大差で勝ったのです。

ここが分かった以上、米国民は後戻りしません。ユダ金がいくら足掻いても、99%を扇動できない。、動かせない。

選挙結果を米国民の84%が受け入れるとのこと。残りは馬鹿とハザール人です。

トランプ革命は後戻りしない革命です。