FRBは、金融ユダヤ人の私的金蔵であって、ゴイム風情に介入されたくないとイエレン・ユダヤ人が必死の抵抗。

トランプ氏、涼しい顔して、イエレン更迭を模索。

ははははは。あー気分がいい。

とくお

FRB議長、トランプ氏介入警戒 「政治からの独立は非常に重要」
http://www.daily.co.jp/society/economics/2016/11/18/0009676411.shtml

【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、米大統領選後初となる17日の議会証言で、トランプ次期政権との関係について集中的な質問を浴びた。議長は中央銀行の「政治からの独立は非常に重要だ」と述べ、金融政策運営への介入に警戒感を示した。

トランプ氏の掲げる巨額なインフラ投資などの景気刺激策について、イエレン氏は長期金利の上昇などを挙げて「市場は期待している」と指摘したが、トランプ氏の主張が実際に実現するかどうか「不透明感がある」とも発言。次期政権の政策に関する「議会の決定を見守る」と述べた。

とくお

トランプ氏、イエレンを首にできるか。

FRB議長、金融規制緩和に反対 トランプ氏に異論
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGN18H0P_Y6A111C1000000/

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は17日、米議会での質疑で、トランプ次期大統領が撤廃を主張するドッド・フランク法(金融規制改革法)は「金融危機防止に重要で、時計の針を戻したくない」と述べ、規制緩和に強く反対した。2010年に成立した同法によって「金融システムはより安全で健全になった」と主張した。

イエレン氏は上下両院の合同経済委員会で議会証言と質疑応答に臨んだ。ドッド・フランク法は08年の金融危機を受けて、巨大銀行の監督を強化し、高リスク取引も禁じた金融規制だ。トランプ氏の政権移行チームは、同法によって経済成長が鈍化したとして「撤廃して新たな政策に置き換える」と主張している。

イエレン氏は議会での質疑で、ドッド・フランク法による監督強化で「『大きすぎてつぶせない』という問題をなくすために注力してきた」と主張。金融機関の経営も「危機前に比べて自己資本が増え、流動性も厳格に確保するようになった」と述べ、トランプ氏の主張する規制撤廃に異論を唱えた。

議会では中央銀行の政治からの独立についても問われた。イエレン氏は「政治が中銀の政策決定に圧力をかければ、財政赤字の拡大やハイパーインフレを招く可能性がある」と強い警戒感を示した。トランプ氏は選挙戦中、イエレン議長の政策運営にたびたび不満を述べてきたが、イエレン氏は自身の去就について「18年までの任期を全うする」と強調した。

トランプ次期大統領は、巨額減税と大型インフラ投資を主要政策に掲げる。イエレン氏は「米経済は完全雇用に近く、大型の需要喚起策が必要な局面ではない」と述べた。ただ、金融危機後の生産性低下が成長鈍化につながっており「財政政策は長期的な生産性向上につながるかどうかで判断すべきだ」と指摘した。