安倍傀儡20円ロボット晋三は、近々に衆院選挙を目論んでいたようですが、今回の米大統領選のおかげで、かなり難しくなったのではないでしょうか?

民進党がダラシない今のうちに…安倍首相「年明け解散」の可能性(田崎 史郎)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49778

米大統領選挙戦であれだけ「不正選挙」が事前に叫ばれたのが、不正選挙敢行の不徹底に繋がったと思われる。そして、トランプ氏の圧倒的勝利。票の改竄が追いつかないほどの票差。まさにAMEXITでした。

次の日本の国政選挙は、今までとは状況が違ってくる。不正が非常にやりにくい。

ま、その意味では無理して選挙を強行してもらうのも面白いのですが。不正まみれが露わになって、国民覚醒に繋がるでしょう。

安倍さん、選挙やりましょう。


じゃが丸龍次

今回の大統領選は不正選挙実行するにはあまりにもリスクが大きくなってしまった。
事前に不正選挙を示唆したトランプ氏の先制攻撃も見事でした。不正選挙を敢行することで、米国民が蜂起するのもユダ金にしてみれば恐ろしいことですが、ユダ金最後の砦・属国日本にも不正選挙の存在が流布するのだけは何としても避けたかったのではないでしょうか。

「米国で不正選挙が大騒ぎになっている。そういえば日本でも選挙の度に不正選挙を騒いでいた人たちがいたな。ひょっとして日本もやっぱりそうなのか。」という流れはユダ金が最も恐れる展開だと思います。

独立党分断を画策した定額ナントカ男という工作員が、「911も311もユダ金の仕業。しかし不正選挙だけは断じて違う。」という極端な間抜けぶりを発揮していることから考えても、不正選挙だけはユダ金が何としても隠しておきたい最後の砦、また辛うじてユダ金が何とか実行できている唯一の謀略といっても過言ではないと思います。

ユダ金さん、不正選挙による日本国民の覚醒というあなた方にとってワクワクする瞬間が刻一刻と迫っているのは間違いありません。今から楽しみにしていてね。