世界最大の発行部数を誇る大読売新聞様の紙面に「不正投票」「選挙の不正」の文字が踊ることは、快挙であります。今後も、トランプ氏が選挙戦中に把握したヒラリー一味による不正選挙手口が報道されることになるわけで、「日本の不正選挙」追求には絶大なる支援となります。

ヒラリー・クリントンの実際の得票は、下手をすると一けた台。再開票すれば、ヒラリー偽票がザクザク出てくる。不正をやっていたのはヒラリー側だったと世界が知ります。読売新聞さま、ありがとうございます。もっともっと、選挙不正記事を書いてください!米国という大国の真の構造を世界が知る機会となります。嗚呼、ありがたい。

ところで、再開票、手続き的に難しいようですが?結局、空振りですか?

冨永 俊史

【トランプ氏:「自らが敗れた3州などで『何百万票もの不正投票』がなければ、得票総数でも勝っていた」と主張】

◆トランプ氏、不満あらわに…「深刻な不正投票」(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161130-OYT1T50020.html?from=ytop_main2

ドナルド・トランプ氏は、総得票数でヒラリー・クリントン氏に200万票以上の差をつけられる見通しであることや、一部の接戦州での再集計の動きに不満をあらわにしている。


「バージニア、ニューハンプシャー、カリフォルニアでは深刻な不正投票が行われた」。トランプ氏は27~28日、ツイッターに選挙関連の投稿を計18回行った。自らが敗れた3州などで「何百万票もの不正投票」がなければ、得票総数でも勝っていたという主張だ。


ただ、3州の選挙責任者は不正を否定している。トランプ氏は選挙中、総得票数を重視、選挙人制度を「民主主義の大失敗」と酷評してきたが、次期大統領となっても選挙の不正を指摘するのは極めて異例だ。米紙ワシントン・ポストは社説で「トランプ氏は誰よりも民主政府を守る責任があるが、過剰な反応は責任を負う準備ができていないことを示している」と批判した。(2016年11月30日)