アベノミクスが機能しているなら、税収が減るわけがない。7年ぶりに前年度を下回った税収。

つまり、アベノミクスがどう見ても頓挫したということ。

安倍さん、数々の売国行為、ご苦労様でした。雇い主の1%檻餓鬼とともに消えてください。

余生は、奥さんの大麻味の居酒屋でも手伝って無為に過ごしてくださいね。
冨永 俊史

【税収前年割れ アベノミクス失速鮮明…法人税が減少(毎日新聞)】

http://mainichi.jp/articles/20161202/k00/00m/020/149000c

2016年度の国の一般会計税収が、法人税収の減少を主因に、7年ぶりに前年度実績(56兆2854億円)を下回る見通しとなった。安倍晋三政権は、税収増を追い風に経済政策「アベノミクス」を推進してきたが、税収減はその転換点となりそうだ。

安倍政権が発足した12年度に43兆円台だった税収は、日銀による大規模金融緩和で進んだ円安・株高で企業業績が改善したことや、14年4月の消費税率8%への引き上げなどで15年度には56.3兆円まで増加した。安倍政権は、税収が当初見積もりから上振れした分を補正予算の財源に活用。「アベノミクスの果実」とアピールし、歳出拡大を続けてきた。

だが、年明け以降に進んだ円高で、自動車など輸出企業を中心に企業業績は頭打ちとなった。足元では、次期…(2016年12月2日)