トランプ旋風は、1%オリガーキ御用達のゴロツキNHK会長をも「駆除」しました。

NHK籾井会長退任へ。再選断念。

「経営委は次期会長の資格要件として「政治的に中立であること」をより重視する姿勢を打ち出した。これまでの議論では再任に否定的な委員が優勢で、放送法で会長選任に必要な9人以上の賛同は得られない見込みとなった。」

これも、トランプ旋風で社会が正常化に向かっている証左であると見ます。

何もかもが良い方向に向かい始めた兆候ととらえると、勇気と希望が湧いてきます。

NHKが安倍政権の支持率を「8%」と正直に報道する日が近々に来ることを念じています。

冨永 俊史

【NHK籾井勝人会長:失脚】

◆NHK籾井会長退任へ=経営委の同意得られず-後任候補に上田氏(時事通信)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120200419&g=eco

来年1月に任期満了を迎えるNHKの籾井勝人会長(73)の再任が困難となったことが2日、分かった。任命権を持つ経営委員会の12人の委員のうち、再任に必要な9人以上の同意を得るのが難しい情勢となったためで、籾井氏は任期1期(3年)限りで退任する見通し。後任会長の候補には、元三菱商事副社長の上田良一・常勤経営委員(67)が浮上している。

NHK経営委は6日に会長指名部会を開き、各委員が提出する推薦書に基づき、具体的な候補者選定作業に入る。石原進経営委員長は「12月中にはふさわしい候補者を決めたい」と話している。

籾井氏は2014年1月の就任記者会見で「政府が右と言っているものを左と言うわけにはいかない」と発言。従軍慰安婦問題でも「戦争しているどこの国でもあった」と述べ、強い批判を浴びた。15年には私的なゴルフで使用したハイヤー代を請求していたことが発覚するなど、言動がたびたび問題視されてきた。NHK予算は全会一致での国会承認が通例となっていたが、籾井氏の会長就任後、3年連続で野党に反対される事態となった。

こうした経緯を踏まえ、経営委は次期会長の資格要件として「政治的に中立であること」をより重視する姿勢を打ち出した。これまでの議論では再任に否定的な委員が優勢で、放送法で会長選任に必要な9人以上の賛同は得られない見込みとなった。

上田氏は三菱商事副社長を経て、13年6月にNHK経営委員に就任。現在は常勤経営委員、監査委員を務め、NHKの経営全般に明るい。関係者によると、「籾井会長のハイヤー問題の際に毅然(きぜん)と対応し、他の委員からの信頼も厚い」という。(2016/12/02-23:28)

承認する

広告