「ストーカー規制、SNSも対象」ということで、「ひでえ奴らって思った人は誰でも訴えられる」ようになったわけです。

四六時中、個人中傷ストーカー専門SNSを運営されている方々など、今後は、どこから訴えられるかわかりませんね。しかも、日本国中から。逆告訴なんかしても、数でも内容でも全く勝てないしね。

誰が義憤にかられて訴え出るかわからない。警察が恣意的に誰かを守ろうとすると、騒ぎになる。いい展開ですね。そんな状況下で、中傷団のメンバーにおだてられて表に出てしまった数名さん、全て背負わされることになり、ご苦労様です。もう、裏社会は守ってくれません。ま、そういった「守勢に回った時」の防波堤にされる損な役回りだったわけで。裏社会にまんまと利用されたと、今ならわかるかな?オクスリで景気をつけても、今度はそっち方面で芋ずる。初犯なら執行猶予4年ですか。

それと、弁護士さん、誹謗中傷の中核を担っていたと判明すると、業務停止処分くらいで済むでしょうかね?スポンサーから金を引き出すためにちょっとパフォーマンスをやりすぎて、自滅?ははは。

トランプ旋風が確実に日本社会を正常化へと向かわせています。最底辺のゴロツキは、ゴロツキに相応の処遇を受けます。それが「正常化」です。


しろまじょ

【ストーカー規制、SNSも対象】

http://www.asahi.com/articles/ASJCZ7DXQJCZUTIL04B.html

【規制行為】SNSやブログにメッセージを送ったり書き込んだりし続ける行為、住居付近などをみだりにうろつく行為を規制対象に追加

ねえ、このブログの読者のみなさん、こういう行為を行ってる人たちに心当たりあります?親告罪の規定がなくなったので、「ひでえ奴ら」って思った人は誰でも訴えられるようになりました。1人とは限らずにね。その場合、どんだけ有能な弁護団がつくと無罪にできるんでしょうかね?ええ、もちろん、これは一般論です。

広告