トランプ大統領の手で解体される前にFRBが利上げをして、経済破綻を呼び込み、トランプ氏に罪を擦り付ける?

「雇用の堅調な伸びや物価上昇」を利上げの理由に上げているが、そもそも米国経済は粉飾経済指標の上に成り立っております。

はてさて、どうなることやら。ちょっとの利上げでもアップアップする企業が続出?まずはシェール詐欺企業でしょうか?

ま、潰れるべきは潰れるがよろし。

米国の国家破綻はいずれやってくる不可避の事態。再再するには、破綻は早い方がいい。トランプ氏だって、大ナタを振るえるじゃないか。

ハラ

トランプ大統領就任後のタイミングで経済崩壊させる算段か?

●米追加利上げ、1年ぶり=来年以降のペース加速示唆

時事通信 12/15(木) 4:10配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000011-jij-n_ame

【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げることを決めた。

雇用の堅調な伸びや物価上昇などを受けて判断した。昨年12月に金融政策の正常化に着手したが、追加利上げまでに1年を要した。決定は全会一致。

一方、参加者の金利見通しでは、来年3回の利上げを想定。9月時点の2回から引き上げており、利上げペースの加速を予想していることが示された。

今回の決定で、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準は0.5~0.75%となる。15日付で実施する。 

広告