米国のトランプ次期大統領は、自分が大統領に就任したら米国の対外政策は、新しい方針を取ると約束した。

https://jp.sputniknews.com/us/201612173145732/

 トランプ氏は、自身の当選を有権者に感謝するツアーでフロリダ州オーランドを訪れた際、支持者に対し「我々の対外政策には、新しい方向性が必要だ」と述べ「外の国々を立て直す代わりに、我々自身の国を立て直す」と改めて強調した。 トランプ氏は、次のように指摘している- 「我々は、あまりにも長い間、皆さん方の大部分がそれまで聞いたことがなかったような外国への無責任な侵攻を繰り返してきた。そんなことは愚かであり、終わらせるつもりだ! トランプ政権は、何よりも米国の国益を大切にするだろう。」

他国に土足で乗り込んで、無垢の民を殺戮する。1%に都合のいい政体に作り替える。権益を奪取する。

それが、ユダヤ米国が過去にやってきた「主たる業務」。

それらの侵略行為を放棄すると、トランプ新大統領は言う。 「我々は、あまりにも長い間、皆さん方の大部分がそれまで聞いたことがなかったような外国への無責任な侵攻を繰り返してきた。そんなことは愚かであり、終わらせるつもりだ!」

この一言で、世界が劇的に変わる。実現すれば、人類史上に金字塔を打ち立てることになる快挙です。同時に1%オリガーキの息の根を止める即効性のある偉大なる行為です!

トランプさん、「米国民のため」を強調しつつ、世界の民を守ってくださり、深く感謝します。

広告