139910745618816185228_7cc2e314.jpg

 

ハラ

どの動画なのか特定出来ていないのですが、とりあえず。

●セウォル号沈没の原因に軍潜水艦との衝突説が再浮上…海軍関係者「事実無根」=韓国 WoW!Korea 12/26(月) 13:53配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000035-wow-int

ネットユーザー捜査隊「zaro」が、YouTubeを通してセウォル号ドキュメンタリー「セウォル X」を公開し、セウォル号沈没の原因として軍潜水艦との衝突の可能性を提起したことに関して、韓国国防部は「事実無根」と一蹴した。

海軍関係者は26日、国防部の定例会見で「平均水深が37メートルと窮極的で、セウォル号が軍潜水艦に衝突した可能性があるという主張は事実でない」と明かした。また、「事故当時、海域均衡で作戦や訓練はなかった」とし、「潜水艦が潜航できる水中環境でもなかった」と強調した。

潜水艦衝突説が再度提起されたのと関連し、軍レーダー映像を公開する意向があるかとの質問にムン・サンギュン国防部スポークスマンは、「すでに2年前にすべて整理されたと理解している」とし、「2年前にどのように答えたのか、改めて確認してみる」と伝えた。


韓国海軍潜水艦ではなくても、第三国の潜水艦だったかもしれないじゃないですか。

韓国軍とフォール・イーグル合同訓練を行っていた某国の攻撃型原潜バージニア級なら、18メートル以下の水深でも作戦ができるはずですね。水深が37メートルしかなかったから、潜水艦が航行できたはずはないなんてすぐばれる嘘を言うから、疑われるんですよ。

某国の潜水艦があのあたりを行ったり来たりして、有志イラほとんど地震のなかった朝鮮半島が俄かに地震発生地帯になったのかもしれませんよ。

↓以下、旧RKブログから。

セウォル号沈没事件:「潜水艦」に触れると韓国警察が口封じにすっ飛んでくる。

http://rkblog.html.xdomain.jp/201405/article_62.html

2014/5/9 10:26
05/08(木) 02:43:48.82 0.net
韓国の旅客船セウォル号が4月に沈没した事故で、韓国聯合ニュースは5月7日、ネット上に「セウォル号は韓米軍事演習のために航路を変更し、沈没した」と書き込んだネットユーザーが逮捕されたと報じた。中国メディア・環球網が伝えた。 韓国警察当局によると、ネットユーザーは4月19日にネット上の掲示板に「韓米海軍は合同軍事演習中」というスレッドを立ち上げ、海上射撃演習区域を避けるために航路を変更していたなどと主張していた。 警察は「15日には射撃訓練が行われたが、16日にはなかった」と、ユーザーの主張を否定している。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/381808/

「セウォル号が沈没したのは韓米合同軍事演習が原因」 と書き込んだだけで逮捕
韓国海軍がセウォル号沈没事故と関連してインターネット上で事実無根のデマを流したヌリクン(ネチズン)2人を警察庁サイバー捜査チームに告訴した
http://erakokyu.blog.jp/archives/sewol-140428.html
海軍は訴状でヌリクン2人はあるインターネットポータルサイトにセウォル号の沈没原因 と関連してセウォル号の平素航路が韓米連合訓練で民間船舶禁止区域に設定されており、 米核潜水艦との衝突でセウォル号が沈没したという事実無根の内容などを上げて軍の名誉を毀損したと主張しました。
海軍はセウォル号沈没当日に米核潜水艦が参加する連合訓練は無く、事故海域は水深が浅 くて米核潜水艦が活動することができない所として国家的に悲痛な状況で不必要な論争を 惹起させる行為を終わらせるために告訴することにしたと伝えました。

<韓国旅客船沈没>「米潜水艦にぶつかり…」親北朝鮮メディアの怪談
2014年04月21日16時16分
[中央日報/中央日報日本語版]
(抜粋)事故原因を韓米同盟のせいにしようと追い込む根拠のない怪談も韓国哨戒艦「天安」事件に続き、再び登場した。自主民報など親北朝鮮指向のメディアは「セウォル号沈没は米潜水艦に衝突したため」と主張した。セウォル号が韓米訓練のために無理に航路を変更して沈没したという疑惑も提起した。
これに対して金民錫(キム・ミンソク)国防部報道官は20日「連合訓練時は近隣海域を航海禁止区域に宣言するが、当時、事故海域には航海禁止区域が宣言されたことはない」と説明した。米潜水艦の衝突主張についても「該当地域は水深が30メートルしかないため潜水艦が通ることはできず、最も近くにいた米揚陸艦ボノム・リシャール艦は100マイル(約160キロ)離れた公海上にいた」と反論した。こうした噂などが一波万波に広がっていくため国防部は根拠のない虚偽事実の流布について警察に捜査を要請することにした。

広告