87520376.jpgシャブ中風情が、大きな顔をして狼藉三昧、好き放題やっていることに、普通の人は憤懣やるかたなく思うわけです。なにか切っ掛けがあれば、普通の人は、衝動に駆られて大胆な行動に出ます。

マトリと県警の薬物取締部署は、そんな切っ掛けでもあれば、特定の薬物中毒者情報で溢れかえるでしょう。警察にも伝手があるから摘発されないと思っているゴロツキがたくさんいるわけで、その事実がまた、普通の人を憤らせるわけです。

ans-170012611

シャブ中が街中で職質を受けて、鞄からシャブのパケと注射器セットが発見され、尿検査で覚せい剤反応があれば、警察内部の暗黒組織も隠蔽のしようがない。普通の人も、怒り心頭となれば、そんな場面を演出するための通報も厭わないことでしょう。

もうすでに動き出している普通の人も複数いる。「包囲網」は狭まっている。証拠を保全するために、すぐには摘発に動かないでしょうけれど。シャブ中さんには、眠れない日々が続きますね。ああ、シャブ打っていると眠らないでも大丈夫でしたね。全身は、どんどん劣化していきますが。w


日本独立

ここ何日かにわたって薬物関連の記事が続いているので、皆さまが通報しようがしまいがマトリは動いているでしょうね。お偉いさんがストップをかけても、かえってバラされることになるでしょうね。どこかにそっと書き込まれるとか言う形でね。
世直しというレベルまではいかなくても、こんな奴等を調子に乗せるなという個人的な感情も意外と大きな変革の要因になるのです。
裏社会に従って出世したいかがわしい輩を蹴落としたい人は沢山います。次にはこれが昇華する形で世直しに繋がってくる。RK理論を理解するのにも薬物から始めると一番早いかもしれない。
この際、芸能界とかいう薬物と切り離せない裏社会稼業の存在も世直しに役に立ってもらいましょう。政治に携わるのではなく、裏社会業界の一員としての当然の振る舞いとして薬物を使用して人様の面前で恥を晒し、人々に世の中の仕組みを身を持って教え、目覚めさせる役割として。それ以外には存在価値などない。裏社会に身を置きながら、正義を主張して政治を語るなど馬鹿も休み休みにしろ。腹に一物を持って我々に近づくな。我々は裏社会と共存などしない。

広告