イスラエル警察、ネタニヤフ首相を聴取 汚職捜査の一環で
2017年01月03日 09:56 発信地:エルサレム/中東・アフリカ

http://www.afpbb.com/articles/-/3112968

【1月3日 AFP】イスラエル警察当局は2日、複数の実業家から贈り物を受け取った疑惑をめぐり、ベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相から事情を聞いた。同国司法省が発表した。

ネタニヤフ首相に対する聴取は、同国の政界を揺るがしている大規模な汚職捜査の一環。警察関係者によると、首相は「利益を受領」した疑惑をめぐり、エルサレム(Jerusalem)中心部にある公邸で3時間にわたり聴取を受けた。それ以上の情報は明かされていない。首相は聴取前、いかなる不正行為もしていないと否定していた。

メディア報道によると、警察当局は長期間にわたるこの汚職捜査で、国内外の裕福な実業家が高価な品物を贈与している疑惑などについて調べを進めてきた。捜査は約8か月にわたって内密に進められ、最近重大な進展があったという。これまでに約50人が聴取を受けたとされている。
(c)AFP/Jean-Luc Renaudie

1%オリガーキの強硬派の筆頭が汚職で事情聴取?

ユダヤ社会の中でも1%の専横に歯止めを掛けようとする動きが活性化しているのか?

ネタニヤフが失脚するようなことがあれば、1%牙城の崩壊を意味するかもしれない。ハザール・ユダヤ・マフィアのやりたい放題をユダヤ人たちが止めてくれるなら、それが一番望ましい。

まともなユダヤ人諸君、期待させてもらっていいですか?

情報感謝。

広告