次期大統領自らがSNSを使って「選挙戦中のハッカー攻撃はロシアじゃないかもしれないよー」とか「ロシアのハッキング攻撃の報告が奇妙に遅れているねー」とツイッターで呟き、それが一瞬にして世界に広がる。

つまり、1%オリガーキ専属の黒いユダヤ人やゴロツキメディアが、顔を真っ赤にして「ロシアだ!ロシアがハッキングしたんだ!」と怒鳴り散らしても、真逆の効果しか生まない。

トランプさんの言を耳にした民は「さては、トランプさん、ロシアの仕業じゃないと言いたいんだな。だから、報告も出てきやしないんだな。」と納得するわけです。

既存のハザール・マフィア専属メディアは、存在価値ゼロ。書けば書くほど、親方のハザール・マフィアを追い詰めるだけ。そして、自分たちも「ユダ金専属インチキメディア」であると自己申告中。w

物凄い馬鹿。

いいですねー。最高の展開です!

wombat (no $, no west)

「ロシアのハッカー攻撃」を捏造しようと頑張っているグループには大打撃か?トランプ自らTwitterで「ロシアハッキングに関する報告のとても奇妙な遅れ」についてつぶやく。大統領みずから全世界に意見を言えるとなると、マスコミを支配してることの価値はガタ落ち。もうマスコミがいかに「終わっている」かがよくわかる。

Trump Reveals “Very Strange” Delay In Russian Intelligence Briefing

http://www.zerohedge.com/news/2017-01-03/trump-reveals-very-strange-delay-russian-intelligence-briefing

https://twitter.com/realDonaldTrump