各国に送り込まれた1%オリガーキの諜報部員など、即刻、解雇で大正解です。

全員、思い切り、路頭に迷ってください。

1月20日以降、1%オリガーキの米国政治への影響力が「遮断」されます。

ユダヤメディアの代わりにトランプ氏のSNSが直接、国民に政権の意志を伝えます。ユダヤメディアはこの世界に不要なものとなります。

さて、日本のマイノリティー支配階層の皆さん、トランプさんは、あなた方を生き残らせるような脆弱な人ではない。あなた方は、見事なまでに駆除されます。

1月20日、世界からゴミとクズが駆除されます。

会津藩士

(・ω・)オリガーキさんは政治から切り離しましょうね、って事ですか?

政治任用の大使、20日辞任を=任期延長の例外認めず―次期米政権

時事通信 1/7(土) 14:19配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000047-jij-n_ame

 【ワシントン時事】トランプ次期米大統領の政権移行チームがオバマ大統領に政治任用された各国駐在の大使に対し、トランプ氏が就任する20日正午に例外なく辞任するよう求めていることが分かった。

 6日付のニューヨーク・タイムズ紙などが報じた。ケネディ駐日大使も政治任用の一人で、この時点で職を辞する見通しだ。

 タイムズ紙によると、職業外交官ではない大使は新政権発足と同時に職を離れるのが原則だが、これまでは個々の事情に応じ、例外的に数週間から数カ月の任期延長が認められることも珍しくなかった。大使人事は上院の承認が必要で、後任の赴任までしばらく時間がかかるという事情もあった。

 しかし、昨年12月23日付の国務省の公電には、政権移行チームの意向を踏まえ、こうした例外は認めない方針が明記された。これを受け、学齢期の子どもを持つ大使などは中途半端な時期の転校を避けようと、現地に残る子どものビザ(査証)取得などに追われているという。

 政権移行チームはタイムズ紙に対し、この方針に悪意はないと説明しているが、オバマ路線との決別を印象付ける狙いがあるのではないかとの見方も出ている。