戦後70年間に形成された日朝韓にまたがる「朝鮮悪」の連帯関係が、そのまま、米国1%オリガーキの暴力装置として極東において機能してきたわけです。
ところが、そのご本家のオリガーキが不正選挙でHilaryユダヤ人を偽大統領の座に据えるのに失敗してしまった。以後、1%オリガーキは様々な抵抗をするものの、トランプ氏、プーチン氏に卑しい魂胆を見透かされ、起死回生の手を封じられ、じり貧状態にある。あと数日でトランプ大統領は本当に誕生してしまう。

ところが、日朝韓を支配する「朝鮮悪」は、70年間掛けてやっと構築した極東のマイノリティー支配構造を手放す気などない。1%オリガーキは失権したとしても自分たちはまだ権力を掌握している!….という気負いがあるわけです。

そこで朝鮮悪政治家も朝鮮悪メディアも、未だに白旗を上げてはいない。ただし、どこか一角が崩れれば….雪崩的に全面崩壊が始まる。トランプ氏は、そんな背後関係をよくわかった上で、日本の朝鮮悪裏社会を孤立させる。そして、われわれがその朝鮮悪を粉々に粉砕することになる。

我々にまとわりついて因縁をつけてくる変質者の群れには我々に対する「私怨」など実は、微塵もない。彼らはごく単純に「朝鮮悪」そのものなのである。日朝韓にまたがる「朝鮮悪」の存続を危うくするRK独立党をなんとしても潰さないと、朝鮮悪が破壊されてしまうのである。彼らの出自は、要するに「朝鮮」である。

もっとも、朝鮮悪にいいように利用されているただの愚鈍も数匹いるようだが。w


日本独立

>1%オリガーキの毒を抜き、米国一極覇権と軍産支配を消滅させるための「空白」が用意されている。

日朝韓にまたがるお互いにズブズブの関係の人脈連中がチンドン屋の真似事をしても無駄だという事ですね。この3国の間を行き来する人間は皆同じ穴の貉。フィクサーだのホットラインだのセイフラインだの表現されるが、ただのゴロツキ。極東に居座るユダ金の忠実な飼い犬。世界の正常化がある程度進むまで何があっても何もせずに過ごせばいい。政治家だろうが財界人だろうが友好団体関係者だろうが誰が何を言おうが、それはユダ金下僕の焦りに過ぎ
世界でも有数の真っ黒な世界である日朝韓関係。手の付けられない闇の世界。ユダ金の利害のみで動く3国の関係。人が全て入れ替わらねば正常化など夢のまた夢。

広告