たったの1万ドルでロシア外交官を買収しようとは、ユダヤ謀略機関、CIAもやきがまわりましたね。そこまで資金に困っていますか?

日本では、ただみたいに安い報酬で、裏社会に寝返って全てを失う馬鹿が続出しているようですが、流石、ロシアの外交官は、そこまで馬鹿ではない。

「我々は権利の平等と利益の相互尊重に基づいてそれを行う用意のある全ての人と協力する用意がある」

これが、プーチン・ロシアの基本姿勢。対するハザール・マフィアは「金と薬物」で人を取り込むことしか頭にないクズばかり。
会津藩士

(´・ω・`)雑な勧誘ですね。

米特務機関がロシア外交官を抱き込もうとして失敗

© AFP 2016/ Kirill Kudryavtsev

政治 2017年01月17日 23:26短縮 URL21019181

ラヴロフ外相は米国特務機関が2016年4月、ワシントンにあるロシア大使館の公使をリクルートしようとした事実を明らかにした。

「去年の4月、前代未聞の事態だが大使館のナンバー2の人物、特命全権公使級の人間に協力しないかとリクルートがかかった。」

ラヴロフ外相の話では、上級ランクの他の外交官には米特務機関からは

「外交官がいない隙に車の中に1万ドルが投げ込まれ、なんとかリクルートをしようとしていた」

と語った。

外相は補足として

「お知りになりたい方のために言うと、お金は我々の経理よって資本化されており、いまやロシア国家の福祉のために役立てられている」

と強調した。

先に、ラヴロフ外相は、

「我々は権利の平等と利益の相互尊重に基づいてそれを行う用意のある全ての人と協力する用意がある」

と述べた。

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/politics/201701173247307/

広告