自分が仏大統領になれば、「トランプ米大統領、プーチン・ロシア大統領とともに世界の指導者3人組が誕生し、世界平和のためになる」….そう信じます。この3人が世界を1%オリガーキの魔の手から救ってくれる。

3人揃って、今の時代に生まれてくれたからこそ、1%を排除できる。まさに天の配剤です。

性懲りもなく抵抗する1%ユダヤ・人殺し集団を屠殺場に送り込んで豚の餌に変えるために、もう少しの頑張りが必要です。日本の飼い豚も忘れずに処分いたしましょう。

汚いものを集めて捨てる。そのあとには、戦争のない世界が待っています。

GS

ルペン氏、勢いありますね。
トランプ叩きの次はルペン叩きに変わりそうですよ。
下記の記事、゛世界平和の為になる゛の一文。世の中の構図が分からないと意味がわからないでしょうね…。

以下引用

ルペン氏はトランプ登場で「仏大統領になる可能性が一気に高まった」(BBCテレビ)と公言している。さらに、自分が仏大統領になれば、「トランプ米大統領、プーチン・ロシア大統領とともに世界の指導者3人組が誕生し、世界平和のためになる」とまで述べている。

 トランプ登場でTPP(環太平洋経済連携協定)は大きく後退したが、世界は新TPP(TRUMP=PUTIN=LE・PEN)の時代になるというのだろうか。

広告