トランプさんのメディアへの敵対姿勢は、「米国ではメディアを信用しない人がトランプさんに投票したみたいだ。」「なぜ、日本のメディアはトランプ叩きばかりやっているのか?」という疑問を日本国民の間に提起するわけで、非情にあり難い方向に物事は推移しています。

なぜ、メディアは、脈絡のない総花的トランプ叩きにじたばた走り回るのか?まるでいじめっ子です。メディアのトランプ叩きに、いい加減、嫌気がさしてきた。「飽き」てきた。何故、こいつらは?オバマ政権の時には、米国批判なんて何一つなかったのに。

それでいいんです。世界の本当の構造を大衆が知る過程なんですね。もうすぐ、定着します。これらの言葉が….NWO JEW、NWO MEDIA。

トランプさんがNWOと戦っているという認識が、世界に広がります。必ず。

トランプ大統領「メディアは偏見を持ち非常に侮辱的だ。彼らの多くが抵抗勢力だ。不誠実な人々だ」

勿論、メディアは不誠実です。その筆頭がCNNです。1%オリガーキ・ハザールマフィアユダヤ人が経営しているわけですから、NWO達成を目的とした1%のためのメディアです。誠実なわけがありません。トランプさんは、そんなことはとっくにご承知です。


【トランプ米大統領:「メディアは偏見を持ち非常に侮辱的だ。彼らの多くが抵抗勢力だ。不誠実な人々だ」】

◆トランプ大統領「報道機関は抵抗勢力だ」(日テレNEWS24)

http://www.news24.jp/articles/2017/02/02/10353063.html

アメリカのトランプ大統領は1日、イラクなど7か国からの入国を停止する大統領令に批判が高まっていることなどを念頭に、「報道機関は抵抗勢力だ」などと改めて批判した。

カーソン住宅都市開発長官らアフリカ系アメリカ人との会合で、トランプ大統領は改めてメディアへの不満を口にした。

トランプ大統領「メディアは偏見を持ち非常に侮辱的だ。彼らの多くが抵抗勢力だ。不誠実な人々だ」

こうした中、ホワイトハウスの定例会見でも変化がみられた。初めてスカイプが取り入れられ、遠隔地の記者が会見に参加した。

スパイサー報道官「初めてのスカイプでの質問を受け付けることを喜ばしく思う」

CNNテレビなど大手メディアを敵視するトランプ政権は、これまで会見に参加しなかったメディアにも門戸を開く方針を示していた。

一方、安全保障を担当するフリン大統領補佐官は1日、イランが中距離弾道ミサイルの発射実験を行ったことについて、国連安保理の決議違反だと非難した。

トランプ政権は、オバマ前政権によるイランとの核合意を批判していて、イランに対し強硬な姿勢を示している。(2017年2月2日)

 

広告