海外で戦死した自衛隊員は、「帰国後自殺した」ことに偽装して処理しますので、戦死者にはなりません。これが、鯉墨時代からの日本の伝統です。

よって、安倍売国奴晋三が「自衛隊員死傷で首相を辞任する」と言っても、実際には辞任することはないので、心配はありません。

自衛隊員諸君、海外での「戦死」の隠蔽、告発してください。

戦死者が、自殺者にされて保証金も出ていませんよ。

酷い国です。朝鮮悪が支配する酷い国。

【安倍偽総理:自衛隊員に死傷者が出た場合、「首相辞任の覚悟」を持っているそうです】

◆安倍首相 辞任を「覚悟」…南スーダン、自衛隊員死傷で(毎日新聞)

http://mainichi.jp/articles/20170202/k00/00m/010/117000c

安倍晋三首相は1日の衆院予算委員会で、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている自衛隊に死傷者が出た場合、首相辞任の覚悟を持つ必要があるとの認識を示した。「辞任する覚悟はあるか」との質問に対し、「もとより(自衛隊の)最高指揮官の立場でそういう覚悟を持たなければいけない」と述べた。

民進党の江田憲司氏が故橋本龍太郎首相の秘書官時代に発生したペルー日本大使公邸占拠事件について「橋本内閣では人質に犠牲者が出た場合、首相か官房長官が辞めると話していた」として覚悟をただした。南スーダンの自衛隊部隊には「駆け付け警護」など新たな任務が付与されている。首相は現地の治安情勢について「極めて厳しい」との認識も示した。

また、ロシアとの平和条約交渉に関し「私はバトンを渡そうとは考えていない。私の手で締結しようと考えている」と述べ、在任中の解決に強い意欲を示した。(2017年2月1日)

広告