日本も米国もメディアは悪く書く相手、攻撃する相手が共通している。

新大統領のトランプ氏、ロシアのプーチン氏は常に悪意を持って中傷される。フランスのルペン次期大統領候補も「極右」という形容詞が必ずつけられて報道される。

一方で、オバマ、ヒラリー、ブッシュらが批判される記事など全くない。

どういうことなのか?日米のメディアは、オバマ・ヒラリー・ブッシュらと癒着関係にあるのか?その連中とは何者なのか?

メディアの皆さんの見境のないトランプ叩きで、視聴者もようやく真相が分かってきました。そして、真相は分かってみれば実にシンプルでした。

「1%オリガーキ・ハザール・ユダヤマフィア」がトランプ以前の米政界、経済界、メディアを支配していたということです。だから、トランプ当選で、失権した1%オリガーキがキチガイメディアを総動員して、発狂して放尿脱糞して覚醒剤を打ちまくって路上を全裸で駆け回りながら、トランプさんの中傷をしているというわけです。

世界を1%オリガーキが支配していた。その究極の支配手段であるNWOとトランプさんは戦ってくれいてるのです!

世界の構造は、実にシンプルだったんです!トランプさんとともにNWOを撲滅する。

リチャード・コシミズ

広告