medium

極右小学校・極右幼稚園とともに消えることになった似非右翼朝鮮悪文化人の皆さん、ご苦労様でした。どうぞ、心おきなく、惨めな余生を送ってください。お疲れさまでした。

物故「予定」者:

安倍産廃晋三、大麻昭惠、稲田二重瞼整形朋美、百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰、櫻井よしこ、曽野綾子、渡部昇一…

これだけ一度にいなくなると、日本は間違いなく浄化されます!これこそ、天の配剤です!


冨永 俊史
2017年3月5日 12:02 AM 編集
【稲田朋美先生は、塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです。驚きました】

◆稲田朋美防衛大臣、森友学園の塚本幼稚園で顧問弁護士を担当していた!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15730.html

稲田朋美防衛大臣が過去に森友学園の塚本幼稚園で顧問弁護士を担当していたことが判明しました。

これは稲田朋美氏が過去に何度も参加したことがある「保守の会」の会長・松山昭彦氏が明らかにした情報で、2015年3月にフェイスブックの投稿で「国会議員になる前の稲田朋美先生は塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです。驚きました」とコメントしています。

稲田朋美氏は防衛大臣に就任してから塚本幼稚園に表彰状を送っており、事実関係からを見ると弁護士時代に何らかの関係があっても不思議ではないと言えるでしょう。

ちなみに、稲田朋美氏は保守の会でも顧問を担当している立場です。(2017.03.04)

冨永 俊史

2017年3月4日 10:44 PM 編集

【塚本幼稚園を絶賛し協力してきた極右文化人たちは、無関係を装いつつ問題の核心をはぐらかし、この期に及んでも「教育勅語の何が悪い!」「中韓の教育も一緒だろ」などと塚本幼稚園の教育を擁護】

◆百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰…森友学園を賞賛し協力してきた極右文化人たちが見苦しい開き直りと話のスリカエ(LITERA)

http://lite-ra.com/2017/03/post-2964.html

┃抜粋┃

このように、塚本幼稚園を絶賛してきた応援団たちは、無関係を装いつつ問題の核心をはぐらかし、この期に及んでも「教育勅語の何が悪い!」「中韓の教育も一緒だろ」などと塚本幼稚園の教育を擁護するのである。

そして、櫻井よしこ、曽野綾子、渡部昇一など塚本幼稚園を絶賛し協力してきた文化人・知識人は他にもまだまだいる。きっとこういう連中がこれから、「月刊Hanada」「WiLL」「正論」などで見苦しい話のスリカエと開き直りを展開するのだろう。

いや、それは文化人・知識人だけではない。現に、3月1日の参院予算委では、共産党の小池晃議員が塚本幼稚園の件の選手宣誓を取り上げると、自民党議員の席からは「素晴らしい!」「正しい!」などというヤジが飛んだ。さらに、教育勅語の暗唱に対しても、「いいじゃないか!」と声があがったからだ。

既報の通り、明治初期に発布された教育勅語は、皇国史観を植えつけ、いざ戦争があれば公に身を捧げ永遠に続くべき皇室の運命を助けよと命じる軍国主義的イデオロギーそのものであり、このなかでは基本的人権は認められていない。こんなものを幼稚園児に叩き込むことは洗脳以外の何物でもないが、国会の場でおいてさえ、自民党議員たちはそれを肯定してみせるのである。

いま、多くの国民が塚本幼稚園の教育に異常さを感じているが、現在の安倍首相率いる自民党はあれを異常とはまったく感じていない。このことの恐ろしさを、いまこそあらためて考えるべきだろう。(2017.03.04)

広告