NWOをこの世から撲滅すべく、日々、奮闘努力するトラプ大統領。

米国民が、この大統領をいかに支持しているか、日本のメディア信奉奴隷の皆さんには、理解不能でしょう。

1%の金融ユダヤ人に隷属する方が幸福だというのか?

情報感謝。


【「トランプ米大統領の支持」を呼びかける集会や行進が全米各地で開かれる】

◆米国 トランプ氏支持呼びかけ行進 「私の大統領だ」(毎日新聞)

http://mainichi.jp/articles/20170305/k00/00e/030/144000c

トランプ米大統領の支持を呼びかける集会や行進が4日、ワシントンやニューヨークなど全米各地で開かれた。性的少数者(LGBTなど)の当事者団体などが開催。ワシントンでは数百人が集まり、「米国第一」「私の大統領だ」と声をあげながら、中心部の広場から約1キロ北のホワイトハウスまで練り歩いた。

バージニア州シャーロッツビルのラウラさん(67)はトランプ氏を「企業に要請して雇用を増やし、不法移民を厳しく取り締まり、既に多くの公約を果たした」と評価。「この勢いで多くのことを実現してほしい」と期待を込めた。

また、ブラジルから12年前に合法的に移住したワシントンのジーン・シルバさん(38)は「多くの合法的な中南米(ヒスパニック)系移民が考えているように、治安を脅かす不法移民を徹底して強制送還する政策に賛成だ」と話した。行進中には参加者と抗議する人たちがもみ合いになる場面もあった。

ニューヨーク市マンハッタンのトランプタワー近くでも大統領を支持する約150人が集まり、「トランプを批判するな」「ありがとう」などと書かれたプラカードを掲げ、「壁を建てろ」と連呼した。

隣州のペンシルベニア州ウィルクスバレから来たジェフリー・シンコさん(57)は「トランプ氏にチャンスを与えろ。野党・民主党は彼のやることなすこと全部、つぶそうとしている」と話した。ニューヨーク州モントゴメリーのアン・サバスタノさん(61)は「アフガニスタンに派兵されて聴力を痛めた軍人の夫に保障金がでない」と訴え、軍事費拡大を約束したトランプ大統領に「98点」をつけた。

一方、五番街を挟んで反対側の歩道で、約40人が「ニューヨークはお前を歓迎しない」「抵抗せよ」などの抗議のメッセージを掲げた。(2017年3月5日)

広告