hqdefault.jpg

「凶悪」という映画をたまたま見ました。保険金殺人映画です。斜部中だらけです。借金まみれの老人に無理やり酒を飲ませて殺し、息子から保険金を取り上げる。手口がまるわかりの映画です。老人ホームも出てきます。やっぱり、老人殺して金儲けです。愛知辺りの連中の手口が類推できます。皆さんもどうぞ。

なんだか、いろんな賞を総なめにした名画のようです。茹でた白豚も出てきます。(@_@)

この映画、茨城で実際にあった「上申書殺人事件」を映画化したものだそうで。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E7%94%B3%E6%9B%B8%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

概要

死刑判決を受けて上訴中だった元暴力団組員の被告人が自分が関与した複数事件(殺人2件と死体遺棄1件)の上申書を提出。元暴力団組員が「先生」と慕っていた不動産ブローカーが3件の殺人事件の首謀者として告発された。元暴力団組員に取材を続けていた雑誌『新潮45』が2005年に報じたことによって、世間から大きく注目されるようになり、「先生」が関与した1つの殺人事件について刑事事件化した。

元暴力団組員が上申書で告発したきっかけは、「先生」が首謀した殺人事件の報酬を受け取る約束が、直前に別の刑事事件で逮捕・長期勾留されたことで「先生」に反故にされたこと、世話を頼んだ舎弟が自殺した際に舎弟の財産が「先生」の手により処分されたことであった。

石岡市焼却事件

「先生」が金銭トラブルを巡ってネクタイで男性の首を絞めて殺害し….この事件で「先生」は「億単位の金」を入手した。

北茨城市生き埋め事件

男性の土地はいったん「先生」名義になった上で、その後売却された。…..そもそも、被害男性は身寄りがないため、DNA鑑定しても本人確認が難しいという問題があった。この事件で「先生」は約7000万円を入手した。

日立市ウォッカ事件

糖尿病肝硬変を患っていた被害者の体調悪化を狙って、1ヶ月間にわたって大量の酒を与えた。同年8月中旬に「先生」の自宅で高アルコール濃度のウォッカを無理やり飲ませ、病死に見せかけて殺害。遺体を七会村(現城里町)下赤沢の山中の林道に運んで遺棄した事件。8月15日に遺体が発見された。当初は警察から「事件性無し」と処理した結果、残された家族は生保会社2社から約1億円の生命保険金を手にしたが、大部分の保険金は「先生」たちによって山分けされた。

林道で遺体発見?どこかで聞いたような話ですね。

この現実に起きた事件、大いに参考になりそうです。朝鮮悪裏社会の手口が丸ごと理解できるかも。

 

 

広告