南スーダン撤退を好感して、森友スキャンダルにもかかわらず、安倍政権支持率が60%台に回復したという「粉飾世論調査」まだですか、共同便所通信さん?日本放嘘協会さん?

早くしろよ、クズ。


とくお

野党は批判、「森友隠し」とも=成果強調する与党-南スーダンPKO撤収
http://www.jiji.com/sp/article?k=2017031001409&g=pol

政府が南スーダン派遣の自衛隊部隊の撤収を決めたことについて、野党からは10日、「遅きに失した」などの批判が相次いだ。政権が学校法人「森友学園」の国有地格安取得問題で防戦を強いられる中、「森友隠し」との声も上がった。

民進党の蓮舫代表は談話で、政府が安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」の新任務を昨年11月に付与したばかりだったことに触れ、「一体何のためだったのか」と疑問を呈した。現地活動に「区切りが付いた」との撤収理由についても「誠実な説明とは思えない」として、国会審議で厳しく追及する考えを示した。

共産党の小池晃書記局長も記者団に「南スーダンは事実上の内戦状態だった。(安倍晋三首相の)説明に国民の多くは納得できない。正直に派遣の破綻を認めるべきだ」と批判した。

小池氏は「森友学園」問題で政府への批判が高まっている中での撤収決定に「あまりにもタイミングが合い過ぎている」と指摘した。民進党の山井和則国対委員長も記者団に「森友隠しではないかとの疑念も感じざるを得ない」と語った。

一方、自民党の茂木敏充政調会長は記者団に「南スーダンでの活動は大きな成果を挙げ、新しいステージに入った」などと指摘し、撤収に理解を示した。公明党の石田祝稔政調会長も「南スーダンの発展に貢献してきた。さまざまな意見が出ると思うので、説明をしっかりしてもらうのが大事だ」と政府に求めた。

広告