ついに自民党内に残っている非統一教会系議員から、不満の声が上がり始めました。

不遜な態度で大仰に疑惑否定しておいて、証拠が出たら、一転、謝罪の統一教会似非右翼女防衛大臣、稲田虫。

但し、党内不満分子で自民党理事の石井準一氏も、所詮は日本会議の懐疑的議員。あーあ。

だが、党内から「稲田辞任の声」が上がれば、辞任に追い込まれるかも?

お仲間の朝鮮右翼反日産経新聞まで、稲田叩きを始めちゃいました。(^-^)

「辞任連鎖」を期待します、安倍ちゃん。


冨永 俊史

【失策続きの稲田防衛相、自民党内に不満広がる(読売新聞)】

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170315-OYT1T50042.html?from=ytop_ylist

稲田防衛相が14日、学校法人「森友学園」に関する前日の国会答弁を巡り、一夜にして発言訂正に追い込まれた。

政府は稲田氏が衆院本会議などで謝罪したことで事態の幕引きを図る考えだが、野党は稲田氏の辞任を求めて追及を強めている。自民党内には、安倍首相と思想信条が近く、要職に抜てきされている稲田氏に対する冷ややかな見方も広がっている。

「与党側も腹が立つ部分がある。裏付けに沿った答弁をしないから問題が出てくるんだと、(稲田氏に)はっきり指摘した」

14日の参院予算委員会理事会で、自民党理事の石井準一氏は攻勢に出る野党理事を前に、稲田氏への不満を隠さなかった。

午後の参院予算委で、稲田氏は「今後とも誠実な答弁に努め、誠心誠意職務に当たっていく」と神妙に答弁。野党の質問者に「虚偽だ」などと激しく反論した前日とは打って変わり、慎重に言葉を選んだ。(2017年03月15日)


冨永 俊史

【安倍偽政権の致命傷になる。もう稲田氏はもたない。安倍晋三偽首相にまで波及する】

◆稲田朋美防衛相、さらに窮地に 「森友」・陸自日報で野党攻勢「虚偽答弁に次ぐ虚偽答弁」(産経新聞)

http://www.sankei.com/politics/news/170316/plt1703160005-n1.html

南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題に絡み、防衛省が「陸上自衛隊には存在しない」と説明してきた日報の電子データが保管されていたことが15日判明し、野党は稲田朋美防衛相への攻勢をさらに強める構えだ。

「16日の衆院安保委員会で追及する。即刻辞任してもらう必要がある」

民進党の山井和則国対委員長は15日夜、産経新聞の取材にこう強調した。稲田氏が、学校法人「森友学園」(大阪市)の訴訟に関与していないとの答弁を撤回した問題も含め、「虚偽答弁に次ぐ虚偽答弁をしたことになる」とも指摘した。

同党参院国対幹部も【「政権の致命傷になる。もう稲田氏はもたない。安倍晋三首相にまで波及するのではないか」】と勢いづいた。

野党は15日の参院予算委員会などでも稲田氏を引き続き追及した。

民進党の杉尾秀哉氏は、学園理事長退任の意向を示している籠池泰典氏との関係を取り上げ、「籠池氏はインタビューで『2年前に稲田氏に会った』と言っている」と指摘した。稲田氏は「籠池氏とはここ10年来疎遠にしている。政策会合や講演会などに籠池氏がお見えになったのかもしれないが、私の記憶に基づくとお会いした認識はない」と説明。辞任の要求には「防衛相として職務に邁進(まいしん)したい」と重ねて訴えた。

杉尾氏は、麻生太郎財務相にも「パーティーなどで籠池氏に会った記憶はあるか」と尋ねたが、麻生氏は「その種の珍しい名前なら結構覚えているが、全く記憶にない」と否定した。

衆院内閣委員会では、民進党の辻元清美氏が菅義偉官房長官に「稲田氏を辞任させてはどうか」と迫り、菅氏は「今後とも誠実に職務にあたっていただけると考えている」と強調した。(2017.3.16

広告