忘れていけないのは、米国経済が実質破綻状態にあるということ。

連邦債務上限引き上げは、黒いユダヤ人により3月15日まで延長された。債務上限は20兆ドルで凍結される。その後は、残っている約 2,000億ドル( 23兆円)の資金を取り崩すことになる。夏までに資金は枯渇する。「アメリカ政府もシャットダウンする可能性」。

トランプさんにもどうにもできない課題となるのか?

トランプさんは、既に「一回破綻させる」心づもりなのか?

諸氏のご意見を求めます。


なんかねえ 
2017年3月15日 9:30 AM 編集

“3月15日以降、すべては徐々に停止する”-デイヴィッド・ストックマン

気づけば、世界の借金は「1京7500兆円(175 ,00 ,000 ,000 ,000 ,000円)」になっているアルマゲドンぶり。そして、3月15日以降のアメリカは「すべてが停止」するのかしないのか

http://indeep.jp/global-debt-to-152-trillion-we-will-crash-out/
=抜粋=
Stockman: “After March 15 Everything Will Grind To A Halt”
Zero Hedge 2017/02/27

ストックマン:「3月15日からすべては徐々に停止する」

「多くの人々が 2017年3月15日という日付を忘れている。これは、2015年10月に、オバマ元大統領とベイナー下院議員による債務上限延長の取り決めだ。それは連邦債務上限を引き上げ、アメリカの借り入れ上限を 2017年3月まで延長するというものだった」
「そして、それは 2017年3月15日に終わるのだ。そのとき、債務上限は 20兆ドル(約 2300兆円)で凍結されるだろう。これは法律で定められていることだ」
「今現在、アメリカ財務省は約 2,000億ドル( 23兆円)の資金を保有している。政府は、毎月 750億ドル( 8兆6000億円)の資金を取り崩しながら運営しているが、それは夏までに枯渇してしまう。それ以後は、借金の青天井となる。すべてが止まってしまう。アメリカ政府もシャットダウンする可能性がある」
「(現トランプ政権が主張する)減税などあり得ない。もちろん、インフラ投資の刺激策もありえない。それは、ますます債務限度額を上回る巨額の財政赤字を増やすだけだ」

ということで、このストックマンという人は、3月15日から、アメリカは「大変になる」と言っているようです。

それにしても、今回のタイトルにもあります「 1京7500兆円」というような数字の後にこのような話を聞いても、23兆円とか、そういうものが「はした金やん」と思えてくるから恐ろしいですね。

広告