交通事故の保険金詐欺はどのような流れなのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13110821188

1実際に怪我を負って居ないのに病院にて治療をし、保険会社に治療費を負担させようとした場合は詐欺行為となる。

21の行為により休業損害や、慰謝料を取得した場合には詐欺行為。

3加害者が保険加入していた場合は、加害者として被害者に賠償をしなくてはならないので、保険会社が加害者が負うべき賠償額を支払う事になるが、被害者が上記1の行為をしていると観なされた場合には保険金詐欺として刑事告訴をする場合もある。その場合、加害者と保険会社が被害を警察に届出る事になるのではないでしょうか。

まあ、保険会社が詐欺行為と判断した場合には、上記1、2のような保険金を支払わずに、『債務不存在確認訴訟』等の提訴をする場合もある。

意図的に詐欺行為をするつもりが無くても、結果的に詐欺に近い行為をしている被害者が多く居ると思います。

事故に合い異常が無くても病院にて診断を受ければ、『頸椎捻挫』等と言う整形外科の専門医の間ではあり得ない、いい加減な診断で長々と治療に通い、あげくのはてには、後遺障害の申請までするような行為は、詐欺行為と等しいと思います。

病院によっては診療科目に整形外科の表示が有っても整形外科の知識が乏しい医師が多く居るようです。
その様な医師が診断書に記載する病名が『頸椎捻挫』だと思います。

 


偽装事故で、長々と治療を受け、保険から休業補償金をせしめる。一度味をしめると、年に4回も偽装事故を起こす。ブラックリストに乗り、自動車保険が掛けられなくなる。名義を変える。また、やる。

朝っぱらから、こんな話ですいません。「保険金詐欺業界」があるみたいです。諸氏のご知見を!

↓秀逸な「反応」です。(^-^)


珠未

加害者役と被害者役のチームを作る。物損事故にみせかける。後日、接骨院の診断書を持参して人身事故に偽装。保険金をせしめて山分け。というNEWSは聞いた事があります。
オレオレ詐欺みたいに、役を演じて騙すのですね。

広告