確かに、シリア攻撃問題に対するプーチン、習近平の対応が普通ではない。

プーチンは、対米制裁しないし、訪米中の習近平も対米非難どころか、攻撃に理解を示して、米中友好。

中露のトップだけが「わかっている」裏事情があるのでしょうか。


酢味噌

ちゃんとした理由、納得できる理由がなければ、習近平さんが理解を示すわけがない。

しかし、表に出ている情報からすると、どこにもそんな理由は見当たらない。

つまり今回の件には「表には出ていない理由」「表には出ていない真相」があるということ!

中国主席、異例の軍事力行使容認=シリア攻撃に「理解」

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017040800347&g=int

 【パームビーチ時事】ティラーソン米国務長官は7日、中国の習近平国家主席がトランプ大統領との首脳会談の席でシリア・アサド政権への軍事攻撃について知らされた際、「子供が殺害されている時にそうした対応は必要だ」と述べ、「理解」を示したと明らかにした。中国首脳が他国への軍事力行使を容認する発言を行うのは極めて異例だ。

 トランプ氏は6日夜に行われた夕食会の終盤で習氏に対し、シリアへの攻撃を実施したことを伝達。アサド政権が化学兵器で女性や子供を殺害したことへの対抗措置であるとの理由を説明し、発射した巡航ミサイルの数も伝えた。習氏はトランプ氏が情報を提供したことに感謝の意を述べたという。 
 中国政府はアサド政権を支持するロシアに近い立場を取っている。中国外務省報道官は記者会見で、米国への直接的批判は避けつつも、「中国は国際関係で武力行使に反対し、対話を通じた平和的解決を主張してきた」とトランプ政権に自制を呼び掛けた。劉結一国連大使も7日、「政治解決が唯一の解決策だ」として軍事的手段に否定的見解を示した。

時事通信 2017年04月08日10時04分

 

広告