トランプ効果でしょうか?

山口組6代目の出身母体である名古屋弘道会に警視庁が家宅捜索!

弘道会といえば、6代目山口組のNo.1&No.2がともに属していた、最強の在日893集団。日本の在日裏社会の要であり、愛知県警ともしっかり癒着。(特に中署w)

ところが、この在日893の牙城に、愛知県警を飛び越えて、警視庁が捜査に!1%オリガーキに連なる在日勢力に暗雲が。「朝鮮悪」が暴かれます!

かたや、分離独立した神戸山口組(山健組主体)との抗争は、決してかんばしい状況にない。神戸Y組の方は、大阪、神戸、京都を抑えたという。関西の3大拠点を抑えたということは、神戸の勝ちでは無いのか?

こうなると名古屋の在日裏社会と癒着し、愛知県警とも癒着して、おかしなスラップ訴訟を仕掛けてきた変質者が…..窮地ですね。ああ、楽しい。


とくお

山口組・弘道会本部に家宅捜索 実態解明へ

http://www.news24.jp/sp/articles/2017/04/11/07358712.html

指定暴力団・山口組の中核組織・弘道会の東京の実質的な責任者が逮捕された恐喝事件で、警視庁は11日、弘道会本部に家宅捜索に入った。

家宅捜索を受けたのは愛知県名古屋市の弘道会本部で、11日午前11時すぎ、約30人の捜査員が入った。捜索は弘道会幹部の椎名数男容疑者らが会社役員の男性から現金を脅し取ったなどとして8日に逮捕された事件を受けたもので、椎名容疑者は山口組の中核組織である弘道会で、東京の実質的な責任者だったという。

警視庁は押収した資料を分析し、弘道会の東京での活動実態の解明を進めることにしている。

広告