本日、4月16日は、最初の地震のあとから起きた「熊本地震本震」から1年目の日です。

熊本、阿蘇、大分と全く別個の「無関係」の地震が、自衛隊の分屯地三カ所づたいで、伝染するかのように連続して起きたことを忘れてはならないですね。

地震で倒壊した家屋の近くで、通常の50倍の放射線量が検出されたことも長く記憶に留めましょう。

日本国内で、意図的に地震を起こすような邪悪な「組織」が暗躍している事実を、銘記しなければならない。この恐ろしい現実を。

そして、真相をなにも知らずにひたすら「悼む」ことしかしないB層の諸氏の「愚鈍の海」を放置してはならない。

この狂った国を、悪魔の手から解き放ち、独立させねばならない。

リチャード・コシミズ

広告