北朝鮮のミサイル・パレード。

1%オリガーキのトランプさんに向けた精いっぱいの「虚勢」にしか見えません。

よしんば核兵器を作れても、ICBMを作れても、核弾頭の小型化ができなければ、核をターゲットに運ぶことができない。そんな技術が世界最貧国北鮮風情にあるわけがない。

北の秘密の協力者、安倍晋三が、北のミサイルはサリンなど化学兵器を搭載できるとわざわざ言及したのは、「核が運べなくても脅威はある」と、必死に北を擁護した結果。北を攻撃させないための涙目の言い訳。ウルウル。

実際に、トランプさんが北への攻撃を始めれば、ろくに飯も食っていない兵士は逃げ腰。金正恩は地下100メートルの司令部に隠れるが、トランプさんは、アフガンで試した最強の爆弾GBU-43を平壌にあるだけ全部打ち込み。辛うじて生き残った金正恩は、オシッコちびりまくりで、いざりながら地下トンネルを通って秘密飛行場にたどり着き、号泣しながら、キューバへ亡命行。

だが、離陸後10分で、反金王朝の造反部隊の地対空ミサイルであえなく空中爆発。遺体が養豚場に落下。即時、豚の餌になる。

こんな結末を希望します。一日も早く、北朝鮮の民を解放しましょう。

リチャード・コシミズでした。


酢味噌

弾道ミサイル、続々登場=トランプ政権けん制-北朝鮮

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017041500354&g=int

 【ソウル時事】北朝鮮の平壌で15日開催された故金日成主席生誕105年を祝う軍事パレードには、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定されるミサイルや、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などが続々と登場した。北朝鮮への軍事的オプションを排除しない強硬方針を示すトランプ米政権をけん制し、力で対抗していく姿勢を強調する狙いがあるとみられる。

 韓国の聯合ニュースによると、韓国軍関係筋は新型ICBMとみられるミサイルについて「これまでに公開されたKN08やKN14よりも(ミサイルが)長いように見える」と分析した。
 パレードではこの他に、(1)KN08または中距離弾道ミサイル「ムスダン」の改良型(2)KN14-と推定される2種類のミサイルも公開された。聯合は「最大3種類のICBMが登場したとみられる」と伝えている。

 さらに、昨年8月に試射に成功したとされるSLBM「北極星」や、「北極星」を地対地型に改造して射程を延長した「北極星2型」とみられるミサイルも登場した。

時事通信 2017年04月15日18時11分


記事には、パレードで披露された北のミサイル群の画像が載ってるわけですが……なんか、米軍の噂の「爆風爆弾」の画像と見比べてみると、色合いが妙に模型っぽく見えるのは……気のせいかなあ?

※参考

http://www.afpbb.com/articles/-/3125209?act=all

……北のミサイル群、本当に「中身」入ってんのかな?(苦笑)

広告