もはや、中国は、北朝鮮の「庇護者」ではない。

朝鮮戦争でともに戦った絆も、既に賞味期限が切れた。

中国の忠告を聞かず、1%オリガーキに唆されて、核実験とミサイル発射を繰り返す、エリンギ頭の小僧。いい気になって、権力を振り回し、軽々しく人の命を奪いまくり。

気が付いたら、米中露韓に包囲されている。中朝国境には15万の中国人民解放軍。露朝国境にもロシア軍精鋭部隊。東シナ海には、米原子力空母群+2隻の海上自衛隊護衛艦。

軍事パレードで、折り紙細工のICBM模型をご披露したが、紙の加工技術があるのは分かった。風が吹けば、2-3メートルは飛ぶだろう。LAやNYを狙うのはちょっと無理だ。高速道路沿いに1年半で建築した偽の高層ビルも、なかなか良かった。壮大な無駄遣い。虚勢を張る世界最貧国。腹筋が強化されるほど笑いました。ありがとう。

本当はビビりまくっているエリンギ坊や。虚勢を張って吠えているが、実は、無血開城、亡命モード。スイスもキューバも受け入れそうにないから、火星に亡命されたし。阿蘇動物王国への亡命は、許可しませんよ。下等動物ですから。wそれに他の動物に「馬鹿」がうつるから。


冨永 俊史

【朝鮮中央通信:北朝鮮制裁に同調する姿勢を示している中国の対応を批判】

◆「米国との戦争恐れず」=中国の対応も批判-北朝鮮(時事通信)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042200277&g=int

朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は21日、談話を発表、「米国の核戦争策動で、朝鮮半島や地域の情勢は極めて険悪な事態に至っている」と述べ、「わが国は、決して戦争を恐れず、避けることもしない」と警告した。

談話は米空母「カール・ビンソン」の朝鮮半島海域への派遣などを非難。「われわれは、米国が持っているいかなる選択と手段にも対応できる十分な能力を保有した核強国だ」と強調し、「全面戦争には全面戦争で、核戦争にはわれわれ独自の核攻撃で、ためらいなく立ち向かう」と表明した。

一方、【朝鮮中央通信は別の論評で、名指しを避けながらも、北朝鮮制裁に同調する姿勢を示している中国の対応を批判】した。(2017/04/22-08:47)

広告