本当のところは、企業価値など全くない、火の車サウジアラムコ。

この破綻会社に厚化粧して、魅力があるかのように見せ掛け、日本のB層愚鈍投資家の皆さんに買っていただくスキームが始まっております。

安倍売国奴晋三さんのバックアップもあり、間抜けな資産家が大挙して、サウジアラムコに騙される予定でございます。

日本には、東芝のWH、日本郵政の豪物流会社の問題で判明した通り、二束三文の外国クズ会社を大金で買収してくれる、夢のような金持ち愚鈍が生息しており、騙し放題です。

今後も、世界の破綻会社を日本に受け入れさせることで、安倍晋三は、1%オリガーキの苦境を救います。そのツケは、勿論、全て、日本国民が負います。

安倍晋三を国家反逆罪で死刑にする必要のある所以で御座います。


冨永 俊史

【サウジアラビア:既に破綻した国営石油会社】

◆サウジアラムコの企業価値、政府予想を5000億ドル下回る見通し(ウォール・ストリート・ジャーナル)

http://jp.wsj.com/articles/SB11600830867098693339804583105461673451752

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの関係者は、上場に際し同国政府が当初見込んでいた企業価値が少なくとも5000億ドル(約56兆円)下回る公算が大きいとの見通しを示している。

サウジの経済改革を主導するムハンマド・ビン・サルマン副皇太子は、アラムコの企業価値を2兆ドルと見込んでいた。だが、上場準備を進めている同社関係者らは、最近の減税など政府が投資家を引きつけるために打ち出した措置を計算に入れても、企業価値を1兆5000億ドル超とする筋書きが立てられず苦慮している。事情に詳しい関係者…….(2017年4月25 日)

広告